grape [グレイプ] entertainment

「女性はいくらでもウソをつける」の失言に… りんたろー。と兼近大樹の『持論』に称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

自民党の杉田水脈衆議院議員が「女性はいくらでもウソをつける」と発言したことを自身のブログで謝罪し、話題となっています。

ことの発端は、一部のメディアが、2020年9月25日の自民党会議で杉田議員が「女性はいくらでもウソをつける」と発言したと報道。

その報道に対し、杉田議員は自身のブログで「そのような発言はしていない」と反論しました。

しかしその後、同年10月1日のブログでは発言を認め、謝罪したのです。

9月26日に投稿いたしましたブログ記事「一部報道における私の発言について」につきまして、一部訂正を致します。

件の内閣第一部会・内閣第二部会合同会議において私は大変長い発言をしており、ご指摘のような発言は行っていないという認識でおり、「報道にありましたような女性を蔑視する趣旨の発言(「女性はいくらでも嘘をつく」)はしていない」旨を投稿いたしました。

しかし、今回改めて関係者から当時の私の発言を精査致しましたところ、最近報じられている慰安婦関係の民間団体の女性代表者の資金流用問題の例をあげて、なにごとも聖域視することなく議論すべきだと述べる中で、ご指摘の発言があったことを確認しましたので、先のブログの記載を訂正します。事実と違っていたことをお詫びいたします。

杉田水脈オフィシャルブログ ーより引用

また、杉田議員は2018年にも月刊誌に「LGBTは『生産性』がない」という内容の論文を寄稿し、その後謝罪しています。

りんたろー。と兼近大樹が苦言 「なんで逆に軽視しちゃうんだろう?」

2020年10月1日放送の情報番組『ABEMA Prime』(ABEMA)では、杉田議員の一連の騒動を、過去の失言とともに紹介。

同番組の司会として出演していた、お笑いコンビ『EXIT』のりんたろー。さんは、この騒動について持論を展開しました。

「生産性がない」っていってたのが、すごい印象的で覚えてたんですけど。

目の前の人を愛おしく思うってことは、性別関係なく素晴らしいことだと思ってて。

こういう人が…あんまり性別のことはいいたくないんですけど、女性の社会進出だったり、育児だったり、先頭に立ってやっていってくれたら嬉しいのに。

なんで逆に軽視しちゃうんだろうっていう想いが、すごい強かったですね。

ABEMA Prime ーより引用

また、りんたろー。さんは「そんな思想を持っている人が政治の中心にいるということが嫌だなと思う」と苦言を呈しています。

一方、相方の兼近大樹さんは「誰かの支持を得るためにいったのでは」と、杉田議員の発言の意図を推測。

なんでこういうことをいうのかって考えた時に、周りにいる人たちが全体的にそういう人たちの中に、たぶん、あの人はいて。

周りの人たちから支持されるから、より強い口調でああいうことを平気でいっちゃうんだと思うんですよ。

(杉田議員が)どこから支持されているのかっていうのが見れる感じがしますよね。

それで得られる支持もあると思うので。

それを失言と思って、本人はいっているのか、それとも味方に誰かをつけるためにいっているのかっていうところが気になりますね。

ABEMA Prime ーより引用

さらに、「杉田議員は『失言をした人』という印象が強い。でも、能力があるから党にいるんだと思う。それを発揮してくれないと『なぜこの人が党にいるんだろう』と思ってしまう」ともコメントしました。

『EXIT』の2人のコメントに、視聴者からはいろいろな意見が上がっています。

・りんたろー。さんのいう通り。女性議員には女性の味方として引っ張っていってほしい。

・兼近さんの考え方、確かにそうだなと思った。もし、杉田議員の周りに、女性軽視の発言で喜ぶ人がいるのだったら、それはそれで問題だと思う。

・「杉田議員の発言は、誰かへのアピールだったのかもしれない」って、新しい見方でした。感心したな、見習いたい。

兼近さんが推測した通り、失言内容だけに注目するのではなく、誰に対してのメッセージだったかを考えるなど、広い視点で物事をとらえることが大事なのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
杉田水脈オフィシャルブログABEMA Prime

Share Tweet LINE コメント

page
top