grape [グレイプ] entertainment

「渡辺直美をブタに」 批判の声続出の開会式演出に田村淳がコメントし、反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

東京五輪・パラリンピックの開閉会式でクリエイティブディレクターを務める佐々木宏氏が、式典に出演予定だった、お笑いタレントの渡辺直美さんを「ブタに例える演出を関係者に提案した」とニュースサイト『文春オンライン』が報じ、大きな問題になっています。

サンケイスポーツによると、佐々木氏は2020年3月、五輪開閉会式の演出メンバーにLINEで、渡辺さんにブタの仮装をさせ『オリンピッグ』として出演させるアイデアを送信。

これに対しメンバーの女性が「容姿のことを例えるのは気分がよくない」などと返信し、批判が相次いだため、撤回をしたといいます。

この問題で、大会組織委員会の橋本聖子会長は国際オリンピック委員会(IOC)の幹部と対応を協議。佐々木氏は辞任の意向を示しています。

田村淳「第三者目線で見て、嫌」

2021年3月18日に放送の情報番組『グッとラック!』(TBS系)では、騒動について取り上げ、コメンテーターの意見に反響が寄せられました。

渡辺さんと同じ事務所に所属するお笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳さんは、「内部のLINEが流出してしまうところにも、運営側がひとつになっていない感じがある」と発言。

また、渡辺さんが事態をどのように受け取とめているのかは「本人に直接聞いていないので気持ちは分からない」としつつも、次のように語りました。

第三者目線で見て、「そんなことをいわれたら嫌だろうな」と思いますよ。

直美の明るい性格だと、インタビューとかで笑って答えてくれるかもしれないけど、それは本当に彼女の中の気持ちではないと思うから。

グッとラック! ーより引用

ヴァイオリニストの木嶋真優さんは、報道について「女性蔑視といわれているけれど、これは容姿に対しての蔑視で性別は関係ない」と指摘。

さらに起業家でタレントの伊沢拓司さんは、オリンピックという国際的なイベントの演出に、差別表現があったことに対し、苦言を呈していました。

人をブタ扱いするというのは、人間の差別の歴史の中で非常によく行われていて、世界的に侮蔑の象徴にあったような表現になりますから、そのあたりの文化的な背景ですら把握できていないというのは悲しいかなというところはありますけどね。

受け手のことを考えられていないエンターテイメントになっているのが問題です。

グッとラック! ーより引用

ネット上では、視聴者からさまざまな声が寄せられています。

・「女性蔑視でなく容姿蔑視」って意見に賛成。どちらも最悪だけど。

・冗談だから、渡辺さんが芸人だからOKとか、そんな話ではないと思います。国際的なイベントなので。

・体型を気にする人たちを励ましてきた渡辺さんは、こんな形で話題になるのは嫌だと思います。

容姿をいじることをユーモアとする風潮は、本来許されるものではなく、時代遅れとなりつつあるのかもしれません。

世界中の人が集まり、人々の多様性と調和の重要性を呼びかける、オリンピックという場。

「誰かが傷付くような演出はしてほしくない」と多くの人が願っていることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
グッとラック!

Share Tweet LINE コメント

page
top