grape [グレイプ] entertainment

さかなくんが、『あつ森』で魚の解説を聞くと? 「先読みしてる」「知識バトルだ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

YouTubeチャンネル『さかなクンちゃんねる- FISH BOY-Sakana-kun』に動画を投稿している、魚類学者でタレントの、さかなクン。

2021年2月27日、Nintendo Switch用のゲームソフト『あつまれどうぶつの森』をプレイしている様子を投稿しました。

魚の解説について、間違いを指摘するさかなクン

同作品では、1人の島民として、釣りや昆虫採集などをして暮らします。

作品中の池で釣れた金魚を目にし、「誰が逃がしたんだ?」とツッコミを入れたさかなクン。

さかなクンによると、金魚はもともと、人工的に育てて品種改良された種。さかなクンならではのツッコミといえますね。

さかなクンは、ゲーム中に釣った魚を、作品中の博物館に寄贈しました。寄贈すると、博物館の館長であるフータから、魚について解説を受けることができます。

魚類学者であるさかなクンに、魚の解説をするだなんて、緊張感が高まりますが…。さかなクンがフータの解説を聞いている様子をご覧ください。

フータから、「スズキと呼ばれるのは大人だけ」と聞くと、さかなクンは「卵の時でもスズキと呼ばれます」とひと言。

また、「カレイはおちょぼ口」とフータからいわれると、さかなクンは「いや、大きい口のカレイちゃんもいる!」とも指摘しました。

さかなクンによると、大きな口を持つカレイの種もいるといいます。フータよりも知識が豊富ですね!

さかなクンとフータのやり取りに、多くの人が笑いました。

・館長と知識バトルを繰り広げているやり取りが、本当に面白いです。

・このシリーズは定期的にやってほしい…。専門家が行うゲーム実況にハマりそう。

・館長の解説を先読みしていて、さすがだなと思いました。

フータが解説した後に、より詳しく魚について説明していたさかなクン。

作品の中に、いつかさかなクンが登場したら…と、想像がふくらみますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
【あつ森♯2】お魚に詳しいフータさまという方がいると聞いたので挑戦するであります!

Share Tweet LINE コメント

page
top