grape [グレイプ] entertainment

アスリートに相次ぐ誹謗中傷 ウエンツ瑛士の対策法に「目からウロコ」「いいこといった」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

卓球の水谷隼選手や、体操の橋本大輝選手に相次いで寄せられているネット上の誹謗中傷。

これまでも、芸能人やアスリートたちの元にはたくさんの誹謗中傷がSNSを介して送られてきていました。

多くの人が顔の見えない匿名の人からの言葉に傷付き、止めるよう呼びかけてきましたが大きな改善はされていないのが現状です。

ウエンツ瑛士、誹謗中傷のコメントを見る時の注意点

2021年8月1日に放送された情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、アスリートへの誹謗中傷の問題を特集。

タレントで俳優のウエンツ瑛士さんは「この話題、1年以上しているけど結論は出ていない。もう止める手立てがないんじゃないかなと思う」と、何も変わらない風潮を危惧しました。

ウエンツさんの元にも、誹謗中傷のコメントは送られてくるといいます。その際に、ウエンツさんはある方法で心が傷付くのを防いでいると明かしました。

僕はこういうメッセージを見る時は1人で見ないようにするっていう方法で防ぐ。誰かと一緒にいる時に、応援メッセージか誹謗中傷か分からないじゃないですか。

そういうコメントを見て開いて誹謗中傷があった時に「なんだよこれ、ムカつくな」と、人と共有するとそこでスッと流れるので。

ワイドナショー  ーより引用

使っているアプリやサイトによっては、メッセージを開くまで、誹謗中傷か応援のコメントなのか分からない場合があります。

そのため、1人では見ないようにしているというウエンツさんに、お笑いコンビ『ダウンタウン』の松本人志さんは「今のいい意見だと思う。1人でやっちゃうと本当そうなのよね」と絶賛しました。

【ネットの声】

・確かにウエンツくんの方法はいいと思う。

・本当にいいこといった!誹謗中傷はもう長い間議論してるのに減らないな。

・ウエンツさんのコメント、目からウロコだった。

言葉で受けた傷は、1人で抱え込むことで、より深くなってしまうでしょう。

誹謗中傷がなくなることが一番の願いですが、現状ではウエンツさんのように、誰かと痛みを共有するという方法でストレスから身を守るのもいいかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
ワイドナショー

Share Tweet LINE コメント

page
top