生後半年しか見られない赤ちゃんの「ギャラン反射」にメロメロにされる人々

出典:YouTube

うつ伏せにして抱っこをした状態で、赤ちゃんの背中の背骨の脇をゆっくりとこすると…。

左側をこすると左足がぴょこっ! 右側をこすると右足がぴょこっ!

この動きが可愛らしすぎて、トリコになってしまうパパママがたくさんいるのだそうです!!

これは赤ちゃんがお母さんの胎内にいるときから始まり、生後5ヶ月ほどで見られなくなる「ギャラン反射」という現象です。「ギャラント反射」「背反反射」等とも呼ばれます。

赤ちゃんの意思ではなく「原始反射」と呼ばれるもので、無意識のうちに起こる動きです。

原始反射を繰り返すことで、自分の意思をもって体を動かすことを学んでいきます。そのため、半年ほどでこの動きは見られなくなってしまうというわけです。

限られた期間しか見られない、希少でカワイイ現象なんですね! 見ることはできませんが、お母さんのおなかの中でもこんな風に動いていたのでしょうか。

ママたちのなかでも知らない方も多いようで、実際に目にしてその可愛さにメロメロになっています!

半年で消えてしまうなんてちょっと寂しい…けれど、消えてしまうということは正常に生育しているということ。

そうなったら今度は、赤ちゃん自身の意思でカワイイ動きを見せてもらいましょう♪

出典
ギャラン反射晃 20150116 ギャラン反射@umesaku1209@yan_mugi@Samndhra

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop