「ピアノ壊れてる」演奏中にトラブル!困難をユーモアに変えたピアニストに拍手

出典:Eliane Rodrigues

ブラジル出身のピアニスト、エリアーネ・ロドリゲス(Eliane Rodrigues)さんは、オランダのコンサートホールでリサイタルを開催。そのステージで、ちょっと変わったハプニングが起こりました。

ショパンとピアソラのプログラムを用意してきたロドリゲスさん。早速ショパンの『幻想ポロネーズ』を弾き始めます。オープニングのアルペジオを弾き終わると…なんか様子がおかしいです。

出典:Eliane Rodrigues

どうやらダンパーペダルの調子が悪く、音の響きが止まらなくなってしまったようです。曲の冒頭で気づいたので、お客さんに事情を説明し、ピアノを交換することに。

スタッフが作業に取り掛かる中、ロドリゲスさんはちょっと変わった行動に出たのです。

お客さんを飽きさせない心がカッコいい!

ステージ裏では、代わりのピアノを準備中。その間ロドリゲスさんは、ピアノの『故障』状態を活かして、ドビュッシーなどの曲を演奏。ピアノの撤収作業が始まっても、立ったり移動したりしながら演奏を続行!

出典:Eliane Rodrigues

会場に笑い声が飛び交う中、遂にピアノはステージ下に降ろされます…もちろん、演奏し続けるロドリゲスさんも一緒です(笑)

代替のピアノと共にステージに戻ったロドリゲスさん。ほとんど間を置かずに演奏を再開し、観客をコメディーの世界から、ショパンの幻想の世界に引き戻します。

予想外の事態が起きても、機転を利かせてお客さんを楽しめられるって、なんかカッコいいですね。


[文/grape編集部]

出典
Eliane Rodrigues

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop