grape [グレイプ] hobby

山寺宏一が公開した『アンパンマン』の台本 内容に「これは酷い」「すごすぎる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

声優は演技力だけでなく、声の個性や演じ分けも必要とされます。

それらの面で高い技術を誇り、『声優界の生きるレジェンド』とも呼ばれているのは、声優の山寺宏一さん。

中でも演じ分けの才能が評価されており、1つの作品で複数の役を担当する(通称:兼役)ことも少なくありません。

山寺宏一、『アンパンマン』の台本で多忙に…

山寺さんの兼役といえば、長寿キッズアニメ『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ系)が有名。

なんとメインキャラのジャムおじさんやチーズをはじめ、作品に登場する多くのキャラを演じています。

2022年2月21日に山寺さんがTwitterに投稿したのは、同作品の台本の1ページ。

「久々に忙しかった」というコメントの理由が分かる、こちらの写真をご覧ください…。

そう、山寺さんが担当するジャムおじさん、チーズ、カバオくんの3人が会話をしているのです!

流れるように声を変え、演じ分ける高度な技術が要される、このシーン。山寺さんも、さすがに大変な思いをしたようです。

ちなみに山寺さんは、以前も『アンパンマン』の台本を見て、頭を抱えそうになったことを明かしています。

『声優界の生きるレジェンド』すら困らせる無茶ぶりに、多くの人が「これは笑った」「お、お疲れ様です!」といった声が上がった、今回のエピソード。

そんな中、こういった声もありました。「担当しているかまめしどんは不在でよかったね」…と。


[文・構成/grape編集部]

出典
@yamachanoha

Share Tweet LINE コメント

page
top