grape [グレイプ] trend

モモの産地ならではの光景が「最強」 うらやましくなる『ロッカー型自動販売機』がこちら

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

モモの旬は長く、6月下旬から9月中旬までスーパーマーケットなどの店頭に並びます。

農林水産省によると、福島県は全国第2位のモモの生産地。

店頭に並ぶモモの産地を確認すると、その多くが福島県です。

福島県らしさあふれる自販機

福島県の魅力を発信しているBeKo(@t_beko)さんは、モモが旬の時期に見ることができるロッカー型自動販売機を撮影。

福島県らしい光景が、こちらです!

ロッカー型自動販売機の中には、熟れたモモがいくつも入っています。

モモのサイズや状態などにもよるのか、価格はボックス1か所で300~500円。

良心的な価格に、「破格」「冗談抜きにおいしそう!」「モモ2個で800円くらいするのが普通なのに、7個ぐらいで300円!?」「モモ目当てで福島県に住みたい」とモモが好きな人たちの注目を集めました。

BeKoさんによると、モモが入ったロッカー型自動販売機は、観光果樹園や直売所が数多く並ぶ、福島県道5号線の通称『フルーツライン』沿いなどに多数設置されているといいます。

出荷に満たないモモもおいしく食べてもらうため、破格の価格で販売しているのでしょう。

その地域の特色が現れる自販機。

産地だからこその光景に、心惹かれますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@t_beko農林水産省

Share Tweet LINE コメント

page
top