grape [グレイプ] entertainment

墓参りをしていた市原隼人 墓前で感じたことに「その繰り返しが人生」と共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)で、北関東を治める御家人の八田知家(はった・ともいえ)役を演じている、俳優の市原隼人さん。

茨城県笠間市にある八田の墓を訪れ、手を合わせる様子をInstagramに投稿しました。

墓参りをした市原隼人「言葉にできない」

八田は、鎌倉幕府の合議制を担う13人のうちの1人でありながら、一匹狼として行動する人物。

2022年8月7日の放送回では、俳優の新納慎也(にいろ・しんや)さんが演じた、頼朝の異母弟・阿野全成(あの・ぜんじょう)を謀反の疑いで誅殺し、話題となりました。

生と死が入り乱れる時代を舞台に、役を演じる中で、市原さんは考えさせられることが多いのでしょう。

八田の墓参りで、落ち葉を集め、周りに生えている雑草を抜くなどの掃除をしていた時のこと。

17時を知らせる防災行政無線のチャイムが、1963年に発売された楽曲『明日があるさ』であったことから、思わず手が止まるほど胸が締め付けられたといいます。

※画像は複数あります。スライドしてご覧ください。

自身の10代を思い出し、言葉にできない想いで胸がいっぱいになった市原さん。

墓参りの写真を投稿するとともに、このような言葉をつづりました。

”明日がある”からその為に苦しいことや、耐えなければならない事が沢山あるけども、明日があるから希望となり喜びや胸を躍らせていられる。未来ってのは憎いやつです。笑

いただいた役と、正解のない世界で逡巡しながら奮闘出来ることに感謝しながら、どんな時も答えよりプロセスを問い、今日も1日が始まる。

hayato_ichihara ーより引用

生きて、明日があるからこその苦しみと喜び。

市原さんが感じたことには、続々と共感が寄せられています。

・その繰り返しが人生ですよね。励みになります!

・市原さんの考え方が好きです。御霊への礼節、そしていつも熱い演技、ありがとうございます。

・八田知家の存在感は、市原さんだからこそ。

・私も先日、故人に手を合わせました。市原さんのように思いながら、毎日を乗り越えていきたいです。

未来に想いをはせながら、日々を歩んでいきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
hayato_ichihara

Share Tweet LINE コメント

page
top