grape [グレイプ] lifestyle

従来品とどう違う? 2022年発売のキリン『生茶』カフェインゼロを飲んでみた!

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

健康志向が高まっている昨今。

やや割高ではあるものの、『カフェインレス』や『ノンカフェイン』、『カフェインゼロ』と表示された紅茶やコーヒーが市場に出回るようになったと感じます。

2022年6月には、『キリンビバレッジ株式会社』(以下、キリン)から『生茶/カフェインゼロ』がリニューアル販売されました。

この商品は2014年に、世界初のペットボトル入りカフェインゼロ緑茶飲料『やさしさ生茶/カフェインゼロ』として販売されたもの。

天然由来の素材でカフェインを吸着させるという、キリン独自の『カフェインクリア製法』でカフェインを除去しているそうです。

『生茶』は茶葉本来が持つ、まろやかなうまみを大事にしているブランド。

そこで、全面リニューアルされた『生茶/カフェインゼロ』は従来品との違いがあるかどうか、比べてみました。

内容量は、従来品の『生茶』が525mlであるのに対し、『生茶/カフェインゼロ』は430mlとやや少なめ。

色合いはほとんど同じですが、若干、『生茶/カフェインゼロ』のほうが濃いようです。

味わいは…?

従来品の『生茶』と『生茶/カフェインゼロ』はどちらも、まろやかな甘みとうまみが口の中に広がるところは、ほとんど変わりありません。

『生茶/カフェインゼロ』の後味は甘みが残るのに対し、従来品では急須で茶を飲んだ時に感じる渋みを、舌の両端にかすかに感じました。

『生茶/カフェインゼロ』は、甘みに加えて従来品のうまみもしっかりキープしており、子供も妊婦も安心して飲めるのでオススメです。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

出典
キリンビバレッジ株式会社

Share Tweet LINE コメント

page
top