grape [グレイプ] society

【442年ぶりの奇跡】皆既月食&惑星食が重なる『天体ショー』がもうすぐ! 「絶対見たい」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

宇宙の雄大さ、美しさ、神秘性を地球にいながら目視できる、天体ショー。

雲の少ないタイミングで夜空を見上げると、無数の星のほか、太陽の光を反射して強い輝きを放つ月が目に入ります。

毎日少しずつ形を変えて、地球を見守るように夜空で輝く月。しかし時には、影がかかることで赤銅色になることもあるのです。

※写真はイメージ

地球の影が重なることによって月が暗くなり、欠けたように見える現象を『月食』といいます。

2022年11月、月全体が影に覆われる皆既月食を見ることができるのだとか!

2022年11月8日、皆既月食と天王星食を観測しよう!

国立天文台によると、皆既月食が起こるのは2022年11月8日。夕方ごろから、日本全国で観測することができるのだそうです。

皆既月食の最大は、19時59分とされています。それから徐々に部分食が終わりに向かい、21時49分ごろに元に戻るのだとか。

多くの地域で月の高度がある程度高くなる時間帯に、皆既月食が始まるため、全国的に観測しやすいといいます。

また、今回はなんと月が天王星を隠す天王星食も同時に起こるのだとか!

6等級の天王星は光が弱く、夜空の条件がいい場合でも観測するのが難しいため、同時に天王星食も見たい人は、双眼鏡などを用意したほうがよさそうです。

国立天文台によると、皆既食中で月の光の影響が少ないため、比較的見付けやすいといいます。

皆既月食と天王星食を同時で観測できるのは、とても珍しいこと。

前回、日本で皆既食中に惑星食が起こったのは、なんと442年前である1580年の土星食です。

また、次回日本で同様の現象を観測できるのは、322年後の2344年と予想されています。

今回を見逃したら、次はないといえるでしょう。この日は、夜空を見上げてみてはいかがでしょうか!


[文・構成/grape編集部]

出典
国立天文台

Share Tweet LINE コメント

page
top