grape [グレイプ]

「自分の娘が虐めをしていた…」事実を知った母親が取った行動に批判の声

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

出典:YouTube

アメリカ・ユタ州の学校で起きた虐めで、加害者の母親が与えた「子供への罰」が物議をかもしています。

ダサい!みすぼらしい!

小学4年生にもなると、ファッションに興味を示す女の子も増え、学校に着ていく服装に気をつかう子供たちが多くなります。

18287_04

出典:YouTube

11歳のケイリーちゃんも、そんなオシャレ好きな女の子です。

しかし、クラスの中にあまり服を買ってもらえず、オシャレとは程遠い恰好をした女の子がいました。

ケイリーちゃんは、その子に対して頻繁に「ダサい!」「みすぼらしい」など、バカにする心無い発言を繰り返していたそうです。

そんなケイリーちゃんのいじめを知った母親のアリーさんは、ショックを受けるとともに、虐めは自分の娘でも絶対に許せないと考えました。

18287_01

出典:YouTube

そして、「虐めをしてはいけない」と心からわかってくれるように、一つのアイディアを考え出しました。

古着屋で買ったのは…

ケイリーちゃんには何も教えずに、古着屋に連れて行ったアリーさんは、50ドルを手渡し、自分がダサいと思う服を選んで買わせます。

「この服、私が今まで見た中で最もひどいわ」

そんな言葉が出てしまうほどダサく、ケイリーちゃんにとっては、絶対に着たくない服たち。

18287_06

出典:YouTube

しかし、アリーさんは無理やりその服を着させて、学校へと送り出したのです。

18287_02

出典:YouTube

自分がしていたように、周りの友達から笑われ、からかわれるケイリーちゃん。家に帰ってくると大泣きしてしまったそうです。

それでも、アリーさんの罰は終わりません。次の日も同じようにダサい服を着させて登校、この罰は二日間続きました。

18287_03

出典:YouTube

ケイリーちゃんが平然とやっていた、虐めるという行為。自分が虐められる立場になって、相手の気持ちが痛いほどわかるようになったと言います。

そして、ケイリーちゃんは虐めていた女の子に自分から謝りに行ったそうです。

その後、2人は仲良くなり、今では親友と呼べるほど親しくなりました。

18287_05

出典:YouTube

アリーさんが行ったこの方法に対し、アメリカでは「みんなの前で恥をかかせるのは、子供の自信を無くす原因になる」「親子関係を損なう危険も」と、批判の声も上がっています。

確かに、アリーさんの行動は、自信を無くさせたり、母親を嫌いになってしまう原因になるかもしれません。それでも、親が責任を持って「虐めは絶対にダメ」と教えられる強さは、必要なのではないでしょうか。

自分の子供に対し、身をもって虐められる側の体験をさせる…。親としても簡単にできるものではありませんし、アリーさんも、とても心を傷めながら行ったことかもしれません。

綺麗ごとだけでは終わらない虐め問題。もう一度、親の責任のあり方を考えてみる必要がありそうです。

出典
Young Fashion 'Bully' Forced to Wear Thrift Shop Clothes By Mom: Punishment Stirs 'Shaming' Debate

Share Tweet LINE

page
top