grape [グレイプ] lifestyle

タオルの嫌なニオイを防ぐ! ライオンの対策方法がタメになる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

※写真はイメージ

濡れた手や身体を拭くために使うタオルは、生活に必要不可欠なアイテム。

洗って繰り返し使っているうちに、嫌なニオイを放つことがありますよね。

ライオン株式会社(以下、ライオン)のInstagramアカウント『ライオン Lidea - リディア』によると、タオルの嫌なニオイの原因は、洗濯の時に落としきれなかったわずかな汚れと菌。

タオルの嫌なニオイを対策するには、つけ置き洗いが効果的なのだそうです。

タオルの嫌なニオイ対策

ライオンのInstagramアカウントで紹介されていた、つけ置き洗いに必要なアイテムは以下の通り。

・『トップ スーパーNANOX』

・『ブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェル』

・洗面器

・掃除用手袋

まずは、洗面器に5ℓのぬるま湯、キャップの30ℓの線まで注いだ『トップ スーパーNANOX』と、50㎖の『ブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェル』を入れ、つけ置きする液を作ります。

手に掃除用手袋を着用して軽く混ぜ、タオルを30分から2時間ほどつけ置きしましょう。

その後、つけ置き液ごと縦型洗濯機に入れ、そのまま洗濯。

ドラム式洗濯機の場合は、つけ置き液は捨ててタオルを絞り、いつも通りに洗剤を入れて洗ってください。

あとはいつも通り干して、タオルのニオイ対策が完了です!

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

これなら「ニオイが気になるから」と、タオルを処分せずに済みそうですね。

タオルの嫌なニオイを防ぐためにも、定期的につけ置き洗いを行ってみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

出典
lidea_lion

Share Post LINE はてな コメント

page
top