grape [グレイプ]

2000個のビー玉で奏でる音楽!超複雑なピタゴラ的楽器装置

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

スウェーデン人ミュージシャンの、Martin Molinの作り出したピタゴラ的楽器装置。

ビー玉機械と言う意味の「Mable Machine(マーブルマシン)」と名付けられた巨大な装置は、一見しただけでは楽器に見えません。

装置は3000もの部品で出来ており、音を出すために2000個のビー玉が使われています。見るからに複雑そうな装置が奏でる音楽は一体どんなものなのでしょうか…。

複雑な構成に目が回る

機械の制作を始めたのは、2014年の8月。当初の予定では2ヶ月で完成させるはずだったそうです。

しかし、あまりにも複雑な構成に手が負えなくなり始め、最終的には制作に14ヶ月を費やしようやく完成されました。

19600_02re

出典:YouTube

19600_03

出典:YouTube

装置には、鉄琴とスネアドラムが取り付けられており、ここにビー玉が落ちることで音が出る仕組みになっています。

19600_04re

出典:YouTube

ベースは、コードこそMartinさんが抑えているものの、落ちてくるビー玉の動きが、ベースを弾く動作につながります。

ちなみに、一部製作中の風景は、こちら。

まさに物理と芸術が融合した装置。とてもMartineさん一人で作り上げたとは思えない複雑な装置にただ感心するしかありません!

出典
Wintergatan - Marble Machine (music instrument using 2000 marbles)

Share Tweet LINE コメント

page
top