grape [グレイプ] lifestyle

ワードローブとは? クローゼットとの違いや選び方、おすすめのワードローブを紹介

By - COLLY  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

※写真はイメージ

服の収納場所や、しまい方に悩んだことはありませんか。こちらの記事では、服用の収納家具の1つ、ワードローブについて解説します。

ワードローブがどのようなものなのか知りたい人や、どのような種類があるのか気になっている人は参考にしてみてください。ワードローブを生活に取り入れて、快適なファッションライフを楽しみましょう。

ワードローブとは?

ハンガーラックに掛けたカットソーの画像

※写真はイメージ

タンスやクローゼットなど、服をしまうための家具にはさまざまなものがあります。ワードローブもそのような家具の1つ。タンスは服を畳んで収納しますが、ワードローブはクローゼットのように服をハンガーにかけたまま収納できます。

そのため、コットンやリネンといったしわのできやすい素材の服も、しわを気にせずしまうことが可能。「しまう前にせっかくアイロンをかけたのに、またアイロンがけをしなければいけない」といった悩みを解決できる優れものです。

ワードローブとクローゼットの違い

服をハンガーにかけて収納するという点では、ワードローブとクローゼットは似ています。その2つの大きな違いは、移動できるかどうか。クローゼットは基本的に部屋の中に作られたスペースのため、場所の移動はできません。

しかし、ワードローブは後から購入できる家具のため、自分の好きな場所に設置できます。クローゼットだと、部屋の模様替えをする時にほかの家具の配置を考えなければいけませんが、ワードローブであればその制限がありません。

また、引っ越しの時も、ワードローブがあれば悩みが1つ減らせます。部屋によっては、クローゼットが設置されていないこともあり、今までクローゼットに服を収納していた場合は困ってしまうことでしょう。

しかし、ワードローブを持っていれば、部屋に置くだけで以前と同じ状態で服を収納できます。スペースを取ってしまうデメリットはあるものの、自分の生活スタイルに合わせた使い方ができるのは、大きなメリットです。

ワードローブの選び方!

洋服・ファッション・アパレルショップの画像

※写真はイメージ

ワードローブには、さまざまな種類があります。むき出しの簡易的な造りのものや、扉付きのしっかりしたもの、サイズもロッカー程度の幅のものから、部屋の壁を覆うような大きさのものまで多種多様。

自分の生活や部屋に合ったものを選べるよう、次のことに注意してワードローブを選んでみてください。

収納するアイテムに合わせて選ぶ

ワードローブは、服を吊り下げるだけの造りのものから、扉の付いたものなど、いろいろな形があります。また、上下にスペースが分かれており、片方にはバッグや帽子などが収納できる機能性の高いものも。

そのため、自分が中に何を収納したいのかを考えてワードローブを選ぶことが大切です。特に、コートやワンピースなどは丈が長いため、それらをしまいたいのであれば、高さのあるものを選びましょう。

靴や小物を一緒に収納したい場合には、棚が付いたものを選ぶと便利です。もし用途に合ったワードローブが見つからなければ、『コート用』『トップス用』『小物用』など、しまいたいアイテム別にワードローブを購入するのもよいでしょう。

置く場所に合わせてサイズを選ぶ

ワードローブを選ぶ時は、部屋の大きさに合っているのかを前もって調べておきましょう。ワードローブは、コートを数着しまえる程度のものから、クローゼットのように幅の広いサイズのものまでさまざま。

サイズを気にせずに買ってしまうと、部屋が思った以上に狭くなってしまうかもしれません。また、今配置している家具とのバランスも大切です。

空いているスペースにとりあえず置いてしまうと、ワードローブだけ奥行きが長くなり、部屋の景観を損なう原因になってしまうかもしれません。ワードローブを選ぶ時は、横幅と高さだけではなく、奥行きにも注意しましょう。

便利な機能で選ぶ

ワードローブは、大きく分けて2種類のタイプがあります。1つは中がむきだしの簡易的な造りのもの。こちらのタイプは、ワードローブに掛かっている服をすぐに取り出せます。よく着るものや、冬場はコートなどをかけておくと、さっと着られて便利です。

むき出しのタイプは、足元にキャスターが付いていて場所を移動できるものもあります。そして、もう1つは扉付きのタイプ。こちらは、クローゼットのように、埃や日焼けを防止できます。

デザインもおしゃれなものが多く、部屋のインテリアとしても機能することでしょう。また、むき出しタイプにカバーが掛かっている造りの、軽量でありながら埃や日焼けをしっかりと防止できるワードローブもあります。

おすすめワードローブ6選を紹介!

春ファッション コーディネートの画像

※写真はイメージ

ここでは、市販されているワードローブをいくつか紹介します。ワードローブを買う時の参考に、気に入ったものがあれば、ウェブサイトにアクセスして詳細情報をチェックしてみてください。

カインズ『カバー付きワードローブ W1』

ホームセンター『カインズ』の『カバー付きワードローブ W1』は、シンプルな造りのカバー付きワードローブです。幅78cm、奥行き50cmと、コンパクトでどのような部屋にも置きやすいサイズ。

夏物の服は16着程度、冬服は5着程度収納できるため、よく着る服を何着かしまいたい時におすすめです。

IKEA『PAX パックス / FORSAND フォルサンド』

IKEAから出ている『PAX パックス / FORSAND フォルサンド』は、扉付きのしっかりとした造りのワードローブ。こちらは左側の扉に4つの棚があり、右側は服を収納するスペースとなっています。

カラーはホワイト、ダークグレー、ホワイトステインオーク調、ホワイト×ホワイトステインオーク調の4種類。シンプルなデザインとカラーは、どのような部屋にも合うでしょう。

無印良品『パイン材ユニットシェルフ・ワードローブ』

無印良品の『パイン材ユニットシェルフ・ワードローブ』は、パイン材の枠組みでできたむき出しタイプのワードローブです。足元には2段の棚が設置されており、小物やちょっとした荷物を置けます。

ワードローブバーから棚までの高さは十分あるため、コートもかけられるでしょう。無印良品には、バーにかけられるタイプの棚もあるため、そのような収納アイテムと組み合わせてみてはいかがでしょうか。

ニッセン『組み合わせが選べる壁面ワードローブ』

部屋のサイズや使い方によって、棚の種類を選べるのが嬉しいニッセンの『組み合わせが選べる壁面ワードローブ』。

ロングコートを収納できるロッカータンスを始め、トップスやスカートの収納に便利なブレザータンス、整理タンス、それぞれのタンスの上に設置できる上置きなども取りそろえられています。

上置きには転倒防止用の支柱が付いており、地震対策も可能。カラーはホワイトとダークブラウンの2種類から選べます。

アイリスプラザ『ワードローブ WDR-1860 ハンガーラック』

部屋をスッキリと見せたい人には、アイリスプラザの『ワードローブ WDR-1860 ハンガーラック』がおすすめ。横幅約59cm、奥行き約54cm、高さ約180cmのコンパクトな扉付きワードローブです。

ハンガーパイプの位置を2か所から選べるため、用途によって使い分けられます。また、可動棚も付いており、ハンガーパイプの位置によって、足元か上部のどちらかに小物を収納できます。

ディノス『シンプルスタイルワードローブ』

ディノスの『シンプルスタイルワードローブ』は、扉が鏡になっているため、中から取り出した服を着た後に身だしなみをチェックできます。扉が鏡になっていることで、視覚的に圧迫感を減らす効果も期待できるでしょう。

また、扉は鏡と板扉の2種類を選べます。こちらのワードローブはシリーズ商品となっており、チェストやタンスとの組み合わせが可能です。

ワードローブを使ってスマートなお部屋に!

クローゼットのように服を吊り下げて収納でき、タンスのように好きな場所に移動できる、いいとこ取りのワードローブ。自分の生活スタイルやデザインに合ったものを部屋に置けば、洋服を選ぶのがさらに楽しくなることでしょう。

こちらの記事で紹介したように、ワードローブにはさまざまなタイプがあるので、機能面とデザイン両方を兼ねそろえたものを選んでみてくださいね。

※2024年5月現在の情報です。公開から時間が経っている場合は、一部商品が欠品、もしくは終売している可能性があります。ご了承ください。


[文・構成/grape編集部]

Share Post LINE はてな コメント

page
top