grape [グレイプ]

『ストラディバリウス』のギター その音色は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

弦楽器の代表的な名器として名高い「ストラディバリウス」

1600年代からイタリアの弦楽器製作者アントニオ・ストラディバリの手によってつくられ、その音色は多くの人を魅了してきました。

作品はヴィオラやチェロ、ギターなどありますが、特にヴァイオリンは有名です。希少価値などからオークションでは、約12億円という超高額で取引されることも。

20586_02

出典:Wikipedia

そんなストラディバリの作品の中でも、良好な状態で残っている世界で唯一のギター「Stradivari Sabionari」

1679年製のギターは、一体どんな音色を奏でるのか…早速ご覧ください!

300年以上昔のギターを演奏するのは、バロックコンサートのギタリスト・ROLF Lislevandさん。

現代の一般的なアコースティックギターからすると、少し分厚く小ぶりなボディに12弦が張られたそのギターからは、暖かみのある上品な音色が響きます。

20586_01

出典:YouTube

このストラディバリのギターは、プライベートコレクションのため、普段は博物館に展示されているとのこと。

とはいえ、定期的に音楽活動には使用されているようなので、もしかしたら世界でも希少なStradivari Sabionariの生演奏を聴く機会があるかもしれません。

あなたには世界で唯一のStradivari Sabionariの音色は、どう聞こえましたか?

出典
Rolf Lislevand plays A.Stradivari Sabionari, 1679 guitar - Santiago de Murcia - TarantelaWikipedia

Share Tweet LINE コメント

page
top