grape [グレイプ]

風呂場で倒れたおばあさん、娘に電話を…間違えてBMWの販売店にかかり!?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージです

イギリスで起きたエピソードをご紹介します。

日曜日の朝、風呂場で転んでケガをしてしまったおばあさん。助けを求めて娘に電話をしました。しかし、慌てたおばあさんは番号を間違えてしまい、電話は近くのBMWの販売店にかかってしまったのです!

23411_01

間違い電話を受けてセールスマンは…

電話を受けた受付担当の女性は間違い電話とわかり、その時勤務中だったセールスマンのDangさんに相談しました。すると彼は「おばあさんが無事かどうか確認しに行かないと。」と言い、受付の女性に電話を切らないように指示して急いで車に乗り、販売店から約3㎞のところにあるおばあさんの家に向かったのです。

23411_02

Dangさんがおばあさんの家に着くと玄関のドアのカギがかかっていなかったため、彼は家の中に入りました。すると、風呂場でおばあさんが口から血を流して倒れており、バスタブからは水があふれていたということです。Dangさんはおばあさんをリビングへ連れていって傷の手当をし、おばあさんの携帯電話から家族へ連絡。そして娘さんが到着するまでの間、そばに着いていてあげました。

おばあさんの家族はDangさんに感謝

家族が到着したのを見届けると、Dangさんはすぐに仕事に戻っていきました。後からこのこと知ったおばあさんのお孫さんは、FacebookでDangさんへ感謝の気持ちを伝えました。

後にメディアのインタビューを受けたDangさんは「あの時は助けに行くこと以外、考えられなかったんです。私はいつもお年寄りを尊敬するように言われて育ちましたからね。」と答えたそうです。

間違い電話とわかっていながらも困っている見知らぬおばあさんを助けに駆け付けたDangさんは、まさにヒーローそのものですね。そして、おばあさんのケガが大事に至らなくて本当によかったです。

出典
Newcastle Chronicle

Share Tweet LINE コメント

page
top