grape [グレイプ]

追越車線をゆっくり走る 実はスピード違反よりも危険!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

高速道路の走行時。

ドライバーであれば、「法定速度を超える猛烈なスピードで走る車に恐怖を感じた」という経験があるかもしれません。

反対に、追い越し車線をゆっくり走行する車を「迷惑だな」と感じることもあります。

しかし、実は「追い越し車線をゆっくり走行する」ことは、単に周囲の迷惑になるだけでなく、交通事故の原因にもなり得る非常に危険な行為だったのです。

ドライバーを2種類に大別すると…

動画制作会社のVoxによって制作された画像から「高速道路をゆっくり走ることの危険性」がよく分かります。

ちなみに、アメリカの交通規制を基準に作られているため、レーンの左右は日本とは反対になります。

24170_01

出典:YouTube

ドライバーは大きく2種類に大別できます。

  • 左のレーンをゆっくり走る車にイライラするドライバー(左)
  • 左のレーンをゆっくり走ることを何とも思わないドライバー(右)

左のレーンをゆっくり走っている車がいるとき、後方から高速で走って来た車がゆっくり走っている車を追い越す際は、2回車線変更をしなければなりません。

24170_03

出典:YouTube

24170_02

出典:YouTube

左のレーンをゆっくり走る車が2台いたら車線変更の回数は4回、3台いたら6回とどんどん増えて行きます。

この車線変更をする回数が増えれば、増えるほど交通事故のリスクが高まります。

もちろん、こういった意見もあるでしょう。

「後方から来た車は追い越す時に法定速度を超えているのでは?」

これに関しては、「後方から追い越そうとする車も法定速度内で走っている」という前提です。

そして、この前提を守っているにも関わらず、前の車があまりにもゆっくりと走っているために「前方の車を追い越さざるを得ない」という状況が交通事故を誘発するのです。

アメリカでは多くの州で「左レーンをゆっくり走ること」が禁止

アメリカでは、多くの州で「左レーンをゆっくり走る行為」を制限しています。

  • 29の州では周囲よりも遅い速度で走る場合、右のレーンを走らなければならない
  • より厳しい11の州では左のレーンは追い越し時にしか利用してはならない

近年では、スピード違反ほど問題視して来なかった「ゆっくり走る車」を警察が取り締まるケースも増えてきました。

日本での導入は可能なのか?

もちろん、この「左のレーン(日本では右のレーン)を低速で走ることは禁止」というルールをそのまま適応しても、うまく機能するとは限りません。

ちなみに、日本では高速道路で追い越し車線(右のレーン)を走り続ける行為は禁止されていますが、最低速度を下回っていなければ取り締まりの対象になることはありません。

「高速道路ではスピードを出せばいい」という単純な話ではありませんが、適正な車線を適正な速度で走ることが何よりも大切なのかもしれません。

Why you shouldn’t drive slowly in the left lane

全編英語ですが、動画も公開されています。

出典
https://www.youtube.com/watch?v=4oqfodY2Lz0

Share Tweet LINE コメント

page
top