grape [グレイプ] trend

カチカチ山の中身は今と昔で全く違うって知ってた? 昔の驚きの内容とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日本の昔話の定番『カチカチ山』。

実はこのカチカチ山のお話が、年代によって内容が異なる事を知っていますか。

昭和50年代生まれの人が知っているカチカチ山は意外と残酷なもの。

畑を荒らす悪いタヌキを捕まえたおじいさん。お婆さんに「タヌキ汁にしなさい」といって出かけたのですが、タヌキはお婆さんを騙して逃げ出すと、なんとお婆さんを殺してしまいます!

そしてあろうことかおばあさんを鍋に入れて煮込み、おじいさんに『タヌキ汁』と称して食べさせてしまいます。

これを知ったウサギが、タヌキの背負った薪に火をつけたり、やけどに唐辛子を塗り込んだり、最後には泥舟に乗せて海に沈めてしまう…という、改めて読むと子供に読み聞かせるのはちょっと厳しい内容に。

hand_1611_nh09_01

そこで最近の『カチカチ山』は、お婆さんは亡くならなかったり、タヌキも死なずにさいごは仲直りしてめでたしめでたし、といった内容に調整されているそうです。

これも時代の流れでしょうか。

そんな『カチカチ山』ですが、タヌキが背中に火をつけられたり、やけどに唐辛子を塗られてたりして焦りまくる場面は、昔から子供たちに大人気!

1946年に録画された映像では、人形劇に子供たちが集まって夢中で見ています。そして、なんと人形劇なのに本物の火が!

hand_1611_nh09_03

出典:きょうの蔵出しNHK

リアルを追求した当時の紙芝居、ご覧ください。

長い間の戦争で笑顔を失った子どもたちのために…という想いで上演されたというこの人形劇、タヌキの背中に本当に火をつけるあたり、かなりリアルで面白いですね! そして、印象的なのが子どもたちの素晴らしい笑顔!

この時代の子どもたちにとって、人形劇がいかに楽しいものだったのかが、よく伝わってきます。

また、太宰治はウサギを冷酷な美女に、タヌキを愚鈍な中年男に置き換えたカチカチ山を書いています。『御伽草子』の中に収録されていますので、興味をもった方はこちらもぜひ読んでみてください。

出典
NHKアーカイブス きょうの蔵出しNHK

Share Tweet LINE コメント

page
top