grape [グレイプ]

餅つき禁止の可能性に、議論勃発 「健康も大事だけど、伝統がなくなるのは悲しい」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

年末年始に、近所の小学校などで『餅つき大会』を行っているのを見かけます。

ご近所同士で集まり、和気藹々と餅をつく姿は、日本の伝統を感じる光景の一つです。

しかし、最近では衛生面に配慮し、一部地域で『餅つき大会』を規制する動きが出ているのだそう。

すでに、都市近郊では実際に規制している自治体もあると報じられ、様々な意見が出ています。

なぜ規制の方向に?

餅つき大会が規制されてしまう一番の理由は、食中毒の危険があるためだそう。

一部の保健所では餅つき大会の危険性について、こう語っています。

餅つきは食中毒の要因となる菌やウイルスが付きやすく、屋外で実施する場合は手洗いや器具洗浄が徹底できず、ウイルスのまん延を招きやすいとして「制限はやむを得ない」と話す。

日本農業新聞 ーより引用

実際に、2013年に起きた餅を原因とする食中毒4件のうち1件は、『餅つき大会』のイベントが原因であると特定されています。(厚生労働省監視安全課調べ)

市民の安全のため「何かあってからでは遅い」と考え、規制に向けて動きだす地域があってもおかしくはありません。

なお、餅つきは食品衛生法の営業許可を必要とせず、都道府県や政令指定都市、保健所を管轄する自治体がそれぞれ設けたルールに沿って開催されています。

ネット上では様々な意見が…

昔から続く『餅つき大会』が無くなるなんて、今まで想像したことがなかったため、今回の規制の動きに驚きが隠せません。

これも「時代の流れ」というものなのでしょうか…同じように、多くの人が衝撃を受けていました。

さみしいな…

何で餅つきだけ?

なにごと?

伝統的なものが失われてゆく…

しかし、実際に食中毒が起こってしまっている以上、規制しようとする動きも仕方がないとする見方もあります。

「伝統か、安全か」どちらも大切なことだからこそ、簡単に答えは出せませんよね。

だからこそ、手洗いの徹底や餅の衛生管理など、私たち自身が対策を今まで以上に強く心がけることで、解決できる側面もあるのではないでしょうか。

出典
@KoCan_sugar@dosanko_0713@remontooden@Osakano_prince

Share Tweet LINE コメント

page
top