grape [グレイプ]

星野源 相手に自分のことを「人見知り」というのをやめた理由

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

提供:産経新聞社

星野源さんが2017年4月29日に放送された、TBS系トーク番組『サワコの朝』に出演。

コミュニケーションが苦手で『人見知り』だった20代の頃と、現在までの自身の変化について語りました。

数年前から『人見知り』だと思うことやめた

番組では司会の阿川佐和子さんが、現在大ヒット中の星野さんの最新エッセイ『いのちの車窓から』にある一説を紹介しました。

数年前から、
人見知りだと思うことをやめた。
心の扉は、常に
鍵を開けておくようにした。

星野源『いのちの車窓から』 ーより引用

小さい頃から内気な性格だったという星野さん。

大きくなるにつれて自分の気持ちを伝えられなくなり、高校時代は精神的にも追い詰められてしまったほどでした。

そのため、20代のころは「人見知りなんで」と周りの人たちに伝えていたそうです。

しかし、自分の性格を人見知りと思うことや、そのように他人に伝えることも、数年前からやめるようにしたそうです。

本当は人と接することが大好き

『人見知り』という言葉を使っているのは、「コミュニケーションが苦手ということから目をそらすためだった」と説明する星野さん。

そんな星野さんが「自分を人見知りと思うのをやめた」理由について、『いのちの車窓から』にはこう記されています。

そもそも人間が好きではないと
思おうとしていたが、
僕は人が、人と接することが
大好きだったのだ。

星野源『いのちの車窓から』 ーより引用

コミュニケーションは苦手だと自覚していたものの、改めて考えて「人と話すことが好きだ」ということに気付いたそうです。

「人見知り」と伝えることで相手に気を遣わせてしまっていた

さらに、星野さんは「本当にコミュニケーションが取れなくて、人と話すことができないという人もいるから、みんながそうということじゃなくて僕の話なんですけど…」と、前置きしたうえで当時の自分の行動をこのように振り返りました。

僕みたいに本当は人が好きなのに「人見知りだ」っていっちゃうってことは相手に「僕、人見知りなんで気を遣ってください」っていってるのと一緒だなって。

それってすっごい失礼だなって思って…。

失礼だし、何さまなんだって思ったんですね、自分が。

だから、「嫌われてもいいや」って、年を重ねるにつれてだんだん思えるようになってきて。

サワコの朝 ーより引用

人見知りであると相手に伝えることで、無意識に相手に気を遣わせてしまっていると気付いたのです。

星野さんの主張にうなずく視聴者

視聴者からも、星野さんの主張に納得する声が多く見られました。

  • 星野さんの言っていること、とても深い。
  • 自分も人見知りだから、その気持ち分かるかもしれない。
  • 確かに人見知りと伝えるのは、相手に気を遣わせしまうかもしれない…。

そんな星野さんですが、こと恋愛に関しては「恋をするときは逆で、『わ、これ好き』と思うと、ドーンっていっちゃってました」と、人見知りの「ひ」の字もない猪突猛進型!

自分のことを「ムチャクチャなんです、僕」と語る星野さん。やはりその性格の根底には「人が好き」という強い気持ちがあるのでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
星野源『いのちの車窓から』サワコの朝

Share Tweet LINE コメント

page
top