grape [グレイプ]

耳の聞こえない祖母と赤ちゃん 手話で「おばあちゃんだよ」と伝えると

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

生後9週間のアリアちゃんは耳が聞こえません。

今日はアリアちゃんに会うために、おばあちゃんのパメラさんが家にやってきました。

おばあちゃんもアリアちゃんと同じく、耳が聞こえません。しかし、2人にとってそれは大きな問題ではありませんでした。

おばあちゃんが笑うと、一緒に笑うアリアちゃん。

「おばあちゃんですよ〜、あなた、とっても可愛いわ」

「おばあちゃんって手話で呼んでみて、これで『おばあちゃん』なのよ」

おばあちゃんはアリアちゃんの手をとって、手話を教えます。アリアちゃんも小さな手を動かし、一生懸命お話しているかのようです。

「『お・ば・あ・ちゃん』よくできたわね〜」

そのあと少しぐずってしまったアリアちゃんに対し、

「無理やりやらせてごめんね、本当にあなたは可愛いわ」

と語りかけ、おばあちゃんは頭をなでました。

2人が交わした音のない会話は、多くの人の心に響きました。

  • 本当に温かい気持ちになれるわ。
  • 彼女はきっと手話を学ぶ最年少の赤ちゃんだ!
  • アリアちゃんはきっとこれから素晴らしい人生を送っていくのだろうね。

2人の笑顔は、たくさんの人に幸せを運んできてくれたようです。


[文・構成/grape編集部]

出典
Deaf Grandmother teaches 9 weeks old Deaf baby sign language (Aria Belle)

Share Tweet LINE コメント

page
top