grape [グレイプ]

2000年の平均おこづかい金額と比較 中高生のお財布事情

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントが、2017年に首都圏在住の中高生を対象に「おこづかい」に関する自主調査を実施。

2000年と比較しての調査結果を発表しました。

おこづかいの貰い方に変化

中高生のおこづかいのもらい方は、2017年の調査でも「毎月、決まった額をもらう」がもっとも多いものの、2000年からは10%以上も減少しています。

さらに、「必要な時にその都度」が2割を占め、「もらっていない」も1割を超える結果に。

2000年

2017年

平均額も減少

中学生の平均金額は大きく変化しないものの、高校生のおこづかいは減っています。

2000年では5000円~1万円が6割を超えていましたが、2017年の調査では、5割を下回るほど。

特に女子高生のおこづかいが大きく減っていることが分かります。(平均で約1700円減)

2000年

2017年

おこづかいのもらい方として、「必要な時にその都度もらっている」という割合も増えているようです。

毎月決まった金額の中でやりくりをし、欲しいものはおこづかいを貯めて買うというスタイルは、当たり前ではなくなりつつあるのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top