引退決定後、マスコミの取材を拒否した加藤一二三 九段 理由に羽生夫人が涙

2017年6月20日に行われた竜王戦6組昇級者決定戦で、現役を引退することになった加藤一二三九段

14歳で当時史上初の中学生棋士になり、63年間棋士として活躍した加藤九段は、『ひふみん』の愛称で親しまれてきました。

竜王戦当日、加藤九段は15分におよぶ長考の末、投了。「感想戦(対局を振り返ること)はしません」と告げ、その場を後にしました。

引退についてコメントを求める多くのマスコミに対しても、コメントを拒否した加藤九段。普段は饒舌な加藤九段が言葉を発しなかったのは、理由がありました。

加藤一二三九段が、マスコミの取材を受けなかった理由に涙

引退表明の翌日、マスコミの取材を受けた加藤九段。先日取材を受けなかった理由について「一番最初は、家族に報告したかったから」と語りました。

棋士・羽生善治さんの妻である羽生理恵さんは、このようにツイートしました。

「先生、私、号泣です」

あの時、加藤九段が取材を受けなかったのは「面倒だったから」「マスコミが嫌いだから」といった理由ではありません。

棋士としての自分を長年傍で支えてくれた、大切な家族…加藤九段は、棋士としての人生に幕を引いたこと、そして感謝の気持ちを家族に伝えたかったのです。

  • 「取材受けずに帰るのか、大人げないなあ」と思っていたけど、そんな理由があったんですね。感動しました。
  • ひふみん、本当にお疲れさまでした!家族思いの優しい方ですね。
  • これが、加藤一二三という棋士なのですね。生きざまを感じました。

対局後に感想戦を拒否するのは、異例といっても過言ではありません。加藤九段は、恒例といわれる感想戦を拒否してでも、大切な家族の元に早く向かいたかったのでしょう。

77歳の現役最高齢棋士として、数々の活躍をしてきた加藤九段。今まで、本当にお疲れ様でした。


[文・構成/grape編集部]

出典
@usaginoheso@hifumikato

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop