grape [グレイプ]

迷子の犬を探す貼り紙 「コレで探せって無理じゃない?」と思ったけど?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

「迷子になってしまったペットを探してほしい」という貼り紙を見かけたことはありますか。

こういった貼り紙には、ペットの名前や写真など、さまざまな情報を細かく書かれています。「誰かに見つけてほしい」という想いが、多くの情報を掲載させるのでしょう。

しかし、情報が極端に少ない貼り紙で、愛犬と再会できた女の子がいました。

姿はよく分からなかったけど、熱意は伝わった

2017年8月10日、メキシコの首都であるメキシコシティで目撃された『ある貼り紙』。

モーガンという、カフェ色の犬が迷子のようなのですが、「この貼り紙では見つからないだろう」と思ってしまうようなものでした。

「どれどれ、どんな顔の子かな?」

て、手書き!!!

貼り紙の下にあったのは、耳が下向きに垂れていることしか伝わらない、手書きの犬

「私の親友がいなくなったの。見つけてくれたら、報酬はチョコレート」と書いてあるこの貼り紙は、飼い主である幼い女の子が作ったものでした。

地元の、野良犬を保護する団体『Oceanican』が「情報は不足していますが、運がよければ、我々全員が見つけられます!」とコメント付きで画像を投稿したところ、多くの人が反応しました。

その結果、たった1日でモーガンは女の子のもとに帰ることができたのです!

モーガンと女の子の再会に、たくさんの反響がありました。

  • 戻ってきてよかった!
  • 信じる心が、山ほどの人を動かしたのよ。
  • まあ、犬の顔はあのイラストに似ているかな。
  • チョコレートは、常に世界のあらゆる問題を解決してきた。

女の子の、「どうにかして愛犬を見つけよう」という精一杯の努力が、人々の心を動かしました。

「人を信じる気持ちと行動力があれば、助けてくれる人はたくさんいる」と分かる、心温まる出来事でしたね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Oceanican

Share Tweet LINE コメント

page
top