見た目だけじゃない!! 世にも美しいガラス製の置物、その正体は?

「昨日は寒かったけど、今日は暑いなぁ」

気温や気候の変化が著しい季節の変わり目は、どことなく落ち着かない気分になりがち。

どうせなら、さまざまな日々の変化を楽しんでみませんか。

気温や気候を味わう楽しさ

ただ眺めているだけで、気温や気候の変化を楽しめる新鮮なアイテム『温度計&ストームグラス』。

2つセットになって並ぶ姿は、まるでオシャレな理科の実験器具のようです。

温度計とストームグラス、それぞれの魅力をご紹介します。

ガラスフロート温度計

物理学者ガリレオ・ガリレイが発見した原理に基づき作られた『ガラスフロート温度計』。

赤、緑、黄、青の4色で彩られたガラス球体には、それぞれ温度が印字された金色のプレートが付いています。「4色のうち、どのガラス球体が浮かぶか」によって、目安の温度を読み取ることができます。

  • 緑:18℃
  • 赤:20℃
  • 青:22℃
  • 黄:24℃

すべての色が浮かんでいる場合は18℃以下であり、すべての色が沈んでいる場合は、24℃以上を示します。

しずく型のガラス内で、浮かんだり沈んだりするガラス球体の美しさに、見るたび心が癒されます。

「いまは何色が浮かんでいるのかな?」と、ついつい何度も確かめてしまいそうですね!

ストームグラス

シンプルかつオシャレな見た目の『ストームグラス』は、天気や気候によって、中の液体や結晶に変化が生じます。

  • 液体が澄んでいる:好天
  • 液体が曇っている:雨天
  • 結晶が上部にある:荒れ模様(嵐など)
  • 大きめの薄片状の結晶:曇り空・雪
  • 筋状の結晶:追い風

グラスの中に入っている結晶は樟脳(クスノキのエキス)です。樟脳は気候の変化によって結晶の形を変えるため、19世紀ごろに航海士たちが『気候予測器』としても使用していました。

「こんな結晶の形、初めて見た!」

見るたびに驚きの発見がありそう。気候ごとに「どんな形の結晶になるのか」を、チェックするのも楽しそうですね。

朝、目覚めてからカーテンを開ける前に、ちょっとグラスをのぞいてみるワクワク感を味わってみませんか。

憂うつになりがちな曇りの日や雨の日も、グラスに映る結晶たちの変化する姿に、ちょっぴりテンションが上がるはず。

毎日に、ほんの少しの『ときめき』を

忙しい毎日に、ほんの少しの安らぎと新鮮さを運んでくれそうな『温度計&ストームグラス』。

お部屋に1つあるだけで、オシャレなインテリアを演出できます。

いつも頑張っている自分へのごほうびや、お世話になっている人へのプレゼントにいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop