grape [グレイプ]

まさかの持ち込み! 試験当日に、准教授がギョッとしたワケとは?

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

出典:Reb Beatty

学校では試験によって、電卓や辞書、ノートなど、道具の持ち込みが許可されていることがあります。

教師の指示に従って、持ち込みの準備をするのですが、中には抜け道を探すのが得意な人も…。

単位まで指示していなかったですよね!

アメリカのメリーランド州に住んでいるレブ・ベイティーさん。

ベイティーさんは、『アン・アランデル・コミュニティ大学』で、経営管理の准教授をしています。

学期最初の、会計学の試験では、ベイティーさんはいつも『3×5サイズのノート』の持ち込みを許可していました。

アメリカで一般的なノートのサイズは、『3×5インチ』つまり縦約7.6㎝、横約12.7㎝の小ぶりなもの。

イメージでは、机の上に、この小さなノートが乗っているはずでした。しかし、試験当日、教室には予想もしていなかった光景が広がっていたのです。

ベイティーさんの目が点になった原因を、ご覧ください!

デスクからはみ出す、巨大な紙!サイズがベイティーさんの想像と違います!

ベイティーさんは、『3×5インチのノート』をみんなが持ってくると思っていたのですが、男子学生は『3×5フィートの資料』を持ってきたのです。

「インチ」なのか「フィート」なのか、ベイティーさんは単位を明言していませんでした。そのために、男子学生はこんな手段をとったのです。

ベイティーさんは、Facebookに画像と共に、こんなコメントを投稿しました。

会計学では、『3×5』のインチにしてもフィートにしても、持ち込むものは試験を助ける道具でしかありません。

試験を解いていく上では、自分の考えを整理して、理解している言葉に置き換える必要があります。それは、持ち込みができたからといって、楽になるものではありません。

会計学への、しっかりとした理解が求められます。

時間制限のある中で、もし会計学を理解しておらず、応用できなければ、どんなサイズのノートを持ち込んでも意味がないでしょう。

Reb Beatty ーより引用(和訳)

思い込みを男子学生に教えられたベイティーさん。男子学生の持ち込みを許可して、試験を始めたそうです。

会計学の奥深さを知っているベイティーさんからすれば、男子学生に感心はしても、何も怒ることはありませんでした。

ベイティーさんの投稿に、多くの人がコメントを寄せました!

  • ベイティーさんも学生も、柔軟な頭ね!
  • メートル法を採用する必要があるな。
  • この男子学生は、法律学のほうが向いてるかも?
  • 高得点が取れているといいね!

学生と触れ合い、思わぬことを学んだベイティさん。

これからは、試験のたびに「ヘンな持ち込みはないかな」と探して回ってしまいそうですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Reb Beatty

Share Tweet LINE

page
top