grape [グレイプ]

クリオネってこんなだっけ? 新種の『流氷の天使』を発見

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

『流氷の天使』と呼ばれ、水族館でも人気の巻貝の仲間『クリオネ』。

2017年10月12日に、富山大学が世界でもまだ4種しか確認されていない、クリオネの新種を発見したと発表しました。

固有種の可能性も

新種のクリオネは、冨山大大学院の張頸(ちょうけい)教授たちが、2016年8月に水深約1000mの海水から、約30匹を初めて採取。

貝類博物館の『貝の館』と遺伝子解析などの調査を進めたところ、新種であることが判明しました。

また、富山湾の300メートルよりも深いところに生息する、固有種の可能性も高いとのことです。

実際に動いている様子をご覧ください。

2016年にオホーツク海で発見された新種に続き、確認されたクリオネは5種目となります。

正式名はどんな名前になるのか、水族館での公開はいつになるのか、今後の発表が楽しみですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
富山湾に「流氷の天使」 クリオネの新種発見

Share Tweet LINE コメント

page
top