grape [グレイプ]

「行方不明の愛犬を見つけて」 飼い主が提示した『懸賞金』の内容に驚く

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

行方不明者や犯罪者などの手がかりとなる情報を提供した人に支払われる『懸賞金』。

アメリカで行方不明になった愛犬を探す男性が懸賞金を提示し、その内容に驚きの声が上がっています。

2019年4月、アリゾナ州ツーソンに暮らすエディー・コリンズさんの愛犬ジェニーが突然姿を消しました。

ジェニーは2歳のメスのチワワで、ガソリンスタンドに併設されたコンビニエンスストア周辺で行方不明になったといいます。

どこを探しても愛犬が見つからない

地元のニュースメディア『News 4 Tucson』によると、エディーさんはその日以来、町中にジェニーの目撃情報を募るポスターを貼り、動物保護シェルターを片っ端から訪ね、探し続けています。

どうしてもジェニーを見つけたい。

そう思ったエディーさんは、彼女を見つけてくれた人に懸賞金を出すことに決めます。

その内容は『エディーさんが所有する1寝室付きの住宅、土地の一部、作業場』。

なんと彼はジェニーのために、自分の家や土地をも手放すことにしたのです。

この動画には「どうかジェニーが無事に家に戻れますように」というコメントが多く寄せられています。

「ジェニーさえ戻ってきてくれたら、何もいらない。ジェニーは家族の一員なんだ」

エディーさんは悲痛な面持ちでこう語っています。

自分の財産である家や土地を手放してでもジェニーに会いたい…その覚悟から彼にとってジェニーがどれほど大切な存在なのかが分かります。

残念ながら7月29日の時点でまだジェニーが見つかったという情報は発表されていません。

1日も早くエディーさんが元気なジェニーと再会できることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
Local man offering land as reward for lost dogMark Jerome Fish‎

Share Tweet LINE コメント

page
top