grape [グレイプ]

2018年の福男が決定!『開門神事福男選び』で1位になったのは?

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2018年1月10日に、兵庫県の西宮市にある『西宮神社』で、福を求めて参拝1番乗りを目指す恒例行事『開門神事福男選び』が行われました。

西宮神社は、商売繁盛の神えびす様、通称『えべっさん』の総本社。約5000人もの人たちが、福をもらおうと行事に参加したそうです。

午前6時に太鼓の音と共に表大門が開かれると、約230m先の本殿までの参道を参加者が一気に駆け抜けました。

実際の映像をご覧ください!

産経ニュースによると、1番にゴールした『一番福』は、尼崎高校3年生の佐藤玄主(くろす)さん。

一番福を勝ち取り、このような想いを話されていました。

昨年11月まで陸上部で200メートルの選手として活躍した佐藤さんは「久しぶりに走るので不安だったが、スタートから抜け出せてよかった」と喜んだ。大学受験を控え、開門を待つ間も日本史用語集を読んでいたといい、「勉強を頑張りたい」と笑顔で話していた。

産経WEST ーより引用

また、『二番福』は明石商業高校3年生の竹内紘生(こうき)さんで、『三番福』は川西市の消防士・渡部涼さんでした。

『開門神事福男選び』の結果を見て、ネット上ではこのようなコメントが寄せられていました。

・毎年すごいですよね。あの賑わいなら悲喜こもごも、色々なドラマがありそう。

・今年は高校生が勝ったんですね!おめでとうございます!

・さすが陸上部、やっぱり速いですよね。

新年早々、激しい戦いを制した高校生。大学受験でもよい結果が出せるように、頑張ってほしいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
開門神事 福男選び 西宮神社産経WEST

Share Tweet LINE

page
top