grape [グレイプ]

困っていた母親 スタバに現れた『救世主』の正体に、称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Harper Spell

子育てをしながら働く親にとっては、誰かのちょっとした親切が、大きな助けとなる時もあるもの。

アメリカのノースカロライナ州にあるスターバックス(以下、スタバ)で働く1人の母親に起きた、心温まる出来事をご紹介します。

シングルマザーの従業員に起きたピンチ

スタバのマネージャーとして働くハーパー・スペルさんは、ある日の早朝、1本の電話を受け取りました。

電話の相手は店の従業員で、幼い娘を育てるシングルマザーです。

「出勤日なのですが、今日はどうしても、子どもの面倒をみる人がいなくて」

電話越しに聞こえる声は涙声で、とても困っている様子が伝わってきます。

従業員のピンチを察したハーパーさんは「心配しなくていいから、娘さんも一緒に連れてきなさい」と声をかけました。

娘さんの面倒をみつつ、2人は協力して開店の準備をします。その間、娘さんはとてもおとなしく、いい子にして過ごしていたのだそうです。

しかし、問題は開店後。にぎわいだす店内で、娘さんに注意を払いながら、仕事をすることができるのでしょうか。

意外な人物が、ピンチを救う

開店後、少しずつお客さんが入る中、やってきたのは常連客のブラッドさん。

ノースカロライナ州の交通安全を守るため働く警察官です。

ブラッドさんは、困っていたハーパーさんたちに対し、次のような申し出をしました。

「いつものように働けるよう、僕が娘さんの面倒をみるよ」

それから、娘さんの座っていた席に座り、1時間以上そばにいてあげたといいます。

お店は問題なく営業することができ、娘さんを連れてきた従業員の女性も、いつも通り働くことができました。

ハーパーさんは、一連の出来事を自身のFacebookに投稿。ブラッドさんへの感謝の気持ちをつづりました。

・なんて素敵な人なんだ。上司であるあなたも、お客さんである警察官も。

・お母さんと娘さんを助けてくれて、本当にありがとう。

・心が温まる話だ。たくさんの人に伝えたくなった。

一緒に働くスタッフや、お客さんの行動により、救われた従業員の女性。 一人ひとりの優しさにより起きた出来事は、たくさんの人の心を温めました。


[文・構成/grape編集部]

出典
Harper Spell

Share Tweet LINE コメント

page
top