「なんでその人を選んだの!?」 外国人から道を聞かれた要潤、偶然にビックリ

香川県出身の俳優、要潤さん。

2018年2月8日、Twitterに投稿した『ある出来事』が、「さすがすぎる」と絶賛されています。

外国人にも分かる顔?

その日は、新宿でロケをしていた要さん。

途中、外国人が寄って来て、「番組が仕かけたドッキリか」と思うようなことを尋ねられたといいます。

Googleマップを見せながら、その外国人がいったひと言とは…。

「うどん店はドコデスカ?」

※写真はイメージ

「ここに行きたいデース」という外国人の雰囲気から、本当に道を尋ねられているのだと感じた要さん。しっかりと、うどん店までの道を教えてあげました。

実は、要さんは2011年に、香川県をアピールする観光大使『うどん県副知事』に就任しています。

香川県は、うどんの消費量が全国1位。その特徴から、『うどん県』として認知されています。

そんな、香川県の顔として活躍する要さんが、外国人から突然うどん店の場所を聞かれるとは…驚くのも無理はありません!

この出来事に、多くの人が笑ってしまったようです。

【ネットの反応】

・ウケる。

・さすがは『うどん県副知事』、風格が違う。

・よっ、うどん県のレジェンド!

・副知事、ご公務お疲れ様です!

・要さんにうどん店を案内してもらえるなんて、なんてラッキーな人なんだろう!

うどん店までの正しい道筋へと、迷った人を導く要さん。

『うどん県副知事』冥利に尽きる出来事だったのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@kanamescafe

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop