grape [グレイプ]

「あの女子高生、変な造語使って」眉をひそめる大人 真実は違った!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

あげぽよ…テンションが上昇した時、楽しい気持ちを表す時などに使われる

女子中高生が選ぶ、2010年の『ケータイ・ネット流行語大賞』にも選ばれたことがある、こちらの『あげぽよ』。

ギャル語として広く認知されている印象ですが、実は「ギャル語ではなかった」ことが判明し、ネット民をざわつかせています。

意味も間違ってない

衝撃の説をネット上に投稿したのは、じゃいこ(@jaytoy89)さん。叔父からもらった方言辞典を読んでいたところ、見慣れた単語が記載されていたのです。

そう…それが『あげぽよ』。

ちなみに、辞典には『上気(のぼせること。のぼせて顔が赤くなること)』という意味や、用例として「みんなと会えて上気(あげぽよ)」との一文が記載されていました。

なんだか、ギャル語の『あげぽよ』と意味も使いかたも似ています。

果たして、どの地域の方言なのかというと…。

鹿児島

ネット民「なん…だと…!!」

あげぽよが鹿児島弁であると辞典に記載されているものの、もちろん地域差もあります。

中には、鹿児島県民でも知らなかったという人もいるため「真意のほどは分からない」と投稿者さんもつづっています。

とはいえ、この事実は、ネット民を驚かせるには十分なネタでした。

・鹿児島県民は未来に生きているんだね。

・西郷隆盛が『あげぽよ』とか使っていたって想像すると、ときめくわ。

・知らなかった…!

独自の文化を育み、時には新たな言葉を生み出してしまうギャル。そんな彼女たちが、なぜ鹿児島県の方言である『あげぽよ』を使い始めたのでしょうか…。

偶然なのか必然なのか、謎は深まるばかりです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@jaytoy89

Share Tweet LINE コメント

page
top