grape [グレイプ]

『ハナカマキリ』って知ってる? かなわぬ相手に恋をした、1匹の生涯

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

みなさんは、『ハナカマキリ』という昆虫をご存知ですか。

※写真はイメージ

花の一部のような見た目を持つ、カマキリの一種です。「ラン科の花に集まる」と考えられていたことから、『ランカマキリ』と呼ばれることもあります。

つい目を奪われてしまうような、不思議な魅力がありますよね。

ハナカマキリをテーマに描かれた、切なくも心温まる絵本をご紹介します。

花に恋したカマキリの生涯

絵本作家のいもとようこさんが描いた絵本『あした花になる』。

誰よりも強く、乱暴者のカマキリ・マンティスが主人公です。

ある日、美しいランの花に恋をしてしまったマンティスは、くる日もくる日も花のもとを訪れます。

※写真はイメージ

「いつも花と一緒にいたい」といのり続けるマンティスに、訪れる奇跡とは…。

最後のページをめくる時、1匹のカマキリが生涯をかけた恋の結末に、ほろりとしてしまうことでしょう。

『あした花になる』

岩崎書店 いもとようこ 著

『あした花になる』をAmazonで見る


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top