grape [グレイプ]

柴咲コウが結婚について「ルールを作りたくない」 髪をバッサリ切った理由に称賛の声

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

女優や歌手として活躍している柴咲コウさん。

2017年公開の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)で見せた凛とした姿は、いまでも多くの人の心に残っているのではないでしょうか。

そんな柴咲コウさんの結婚についての考えかたや、『髪』に関する驚きのエピソードなど、さまざまな情報をご紹介します!

柴咲コウってどんな人?

生年月日:1981年8月5日

血液型:B型

出身地:東京都

身長:160cm

所属事務所:スターダストプロモーション

柴咲コウさんが芸能界入りしたのは、中学2年生の時。池袋で買い物をしている時に受けたスカウトがきっかけでした。

初めての仕事は、1998年7月に放送されたTV番組『倶楽部6』(TBS系)。当時は遅刻常習犯だったといい、事務所の人に「やる気がないならやめてもいいよ」といわれ、それからやる気を出したのだとか。

翌年に出演した化粧品『ポンズダブルホワイト』のCMで、「ファンデーションは使ってません!」のセリフが多くの人の心に残り、注目される存在に。

2000年公開の映画『バトル・ロワイアル』で狡猾な中学生を演じて話題になると、演技力が認められて翌年には映画『GO』でヒロイン役に抜擢されます。

バトルロワイアルの舞台挨拶に出席した柴咲コウさん 1番右 2000年

2つの作品での演技が高く評価され、日本アカデミー賞『最優秀助演女優賞』などを受賞。女優としての地位を確立しました。

2002年には、ラジオ番組『グローバーのウラナイ!』(ニッポン放送)の企画で歌手デビュー。翌年に公開された映画『黄泉がえり』で歌った主題歌『月のしずく』をリリースすると、100万枚を超えるセールスを叩き出しました。

2004年にも、映画『世界の中心で愛をさけぶ』の主題歌である『かたちあるもの』を歌い、こちらも60万枚以上を売り上げるヒット。歌手としても認知されるように。

柴咲コウ 『かたちあるもの』

それからは映画『メゾン・ド・ヒミコ』や『日本沈没』など、さまざまな話題作の主演やヒロインを務めるようになり、人気女優への階段を駆け上りました。

柴咲コウさんは現在も第一線の女優として活躍しており、『おんな城主 直虎』での好演で、その人気に拍車をかけています。

柴咲コウがインスタで見せる姿が可愛い!

柴咲コウさんがインスタグラムで公開する姿が、ファンの間でたびたび話題になります。

女優としての活躍が分かる素敵な写真や…。

猫好きである柴咲コウさんは、自分や友人が飼っている猫とのツーショット写真も投稿しています。

また、柴咲コウさんが見せた『水着姿』が「ちょっとお尻見えてない?」「永久保存版だ!」と話題に。

ドラマでの姿から、貴重なプライベート写真まで投稿される柴咲コウさんのインスタグラム。ついつい時間を忘れて見入ってしまいます。

柴咲コウが髪をバッサリ切る その後の行動に称賛の声

柴咲コウさんといえば『長くて美しい黒髪』というイメージを持っている人もいることでしょう。

そんな柴咲コウさんが、2015年12月に髪をバッサリと切り、切った後の髪の写真をインスタグラムに投稿しました。

すると、多くの人から「立派なことだと思います」「柴咲さんがやってるなら、私もやろうかな」とのコメントが寄せられました。

その理由は、『ヘアードネーション』。病気などの理由で髪を失ってしまった人のための『ウィッグ』を作る際に、使用する髪を寄付するという活動です。

人気女優である柴咲コウさんが、そのトレードマークといっていい美髪を寄付したということが、よりヘアドネーションの活動を広げるきっかけにもなったようです。

柴崎コウは結婚してる? その結婚観は

とても魅力的な柴崎コウさんですが、2018年6月現在、結婚はしていないようです。

柴崎コウさんは自身の結婚について、どう思っているのでしょうか。2013年に公開された映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の舞台挨拶で、このように語っています。

フレキシブルのほうがいいと思います。

何歳までにしなければいけないとかルールはないと思うし、作りたくもありません。

結婚のイメージは『中間地点』という気がしていて、スタートでもないしゴールでもない。

人生において大事なポイントではあるけれど、パートナーとの信頼関係が培えて、それが続いていく中間地点のような。

映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の完成披露試写会に参加した柴咲コウさん

『スタート』や『ゴール』と表現される結婚を、『中間地点』と語った柴咲コウさん。

無理に結婚をしようとは思わず、「互いを尊重しあえる、いいパートナーがいたらその時は…」と考えているのかもしれません。

柴咲コウのこれからは

柴咲コウさんは、2017年1月から12月まで、大河ドラマの撮影に追われていました。そういった理由から、2018年はしばらく休暇を取っていたようです。

5月からは徐々に活動を再開。『MuseK(ミュゼック)』という新しい歌手名で、海外に向けて曲をリリースすることを明かしました。

日本向けの曲は『柴咲コウ』、海外向けの曲は『MuseK』名義でリリースするとのこと。

一方、女優業に関しては、2019年公開の映画『ねことじいちゃん』のヒロインを演じる予定になっています。

女優としてはもちろん、歌手活動にもさらに力を入れ始めている柴咲コウさん。さらなる活躍から目が離せませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
スターダストプロモーションスターダストプロモーション

Share Tweet LINE