grape [グレイプ]

「これは早く直さないと」 息子がご飯を目の前に食べなかった理由

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

シューフ(@shuerff)さんには、小学校4年生の息子がいます。

ある日の朝、息子に朝食を出した後、「ご飯ができたよ」と声をかけて夫を起こしに行きました。

シューフさんはすでに息子が「ご飯を食べ始めているだろう」と思い戻ってみると、なぜか目の前のご飯を食べていません。

一体どうしたのかと理由を聞いてみると、驚いてしまうような答えが返ってきたのでした。

なんと、「はしが出ていなかった」という理由でご飯を食べていなかったのです。

4年生であれば、はしを自分で用意して食事をすることはできます。普段から手伝いもしてくれるという息子が、なぜはしを用意しなかったのかと考えたシューフさん。

あることに思い当たります。

それは身の回りの世話をすべて妻に任せる夫の存在でした。

※写真はイメージ

息子の世話はすべてやっている訳ではないというシューフさんですが、夫の世話は下着の用意や履いた靴の片付けなど、数え上げればきりがないほど手をかけているというのです。

「水!」「ビールは?」「皿がないよ」など、平気でいってくるという夫の姿を見ていた息子が、影響を受けてしまったとしてもおかしくはありません。

以前、息子と話し合ったところ「お父さんはやっていないよね」といわれてしまったこともあるのだそうです。

そこでシューフさんは、先輩のママ友に聞いた話を思い出しました。

変えていかないと…

出典
@shuerff

Share Tweet LINE コメント

page
top