grape [グレイプ]

鈴木おさむ「学校にエアコン付いてる?」親から大きな反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

放送作家の鈴木おさむさんがブログで問いかけた質問に対し、子どもを持つ親からさまざま答えが寄せられ話題となっています。

2018年の夏は記録的な暑さで、各地で運動中に子どもたちが熱中症で倒れるというニュースが伝えられています。

同年7月19日に更新されたブログによると、中学生当時、坊主頭だった鈴木さん。サッカーの部活で5時間以上運動し家に戻ると、日焼けで頭のほとんどの皮がはがれてしまったそうです。

いまと昔の暑さは違う!

約30年前でも、大変な暑さだったことが分かるエピソードです。「果たしていまの環境はどうなのか」と疑問に思った鈴木さんは、こんな質問を投げかけました。

部活中も、勝手に水飲むの禁止とか、あったもんなー。

今、そんな部活あるのかな?
ないよね?

あの頃に根性が鍛えられたかどうかは疑問です。

鈴木おさむオフィシャルブログ ーより引用

そこで今日は聞きます。
みなさんのお子さんが通っている、通っていた小学校・中学校。
冷房、入ってますか?
入ってる?
入ってない?
入ってない方は、そのことで学校に話をしたりするのか?などなど。

鈴木おさむオフィシャルブログ ーより引用

この質問に対して、小中学生の親御さんや教師から回答が届きました。

・埼玉の小さな町ですが、小学校にエアコンは付いていません。財源が少なくて、今年予算案を作り、来年に提出します。エアコンが付くのは再来年の9月になりそうです。

・横浜の市立小学校は、数年前に全校に設置されました。

・一部の市議は「エアコンは快適なだけ」だとか「忍耐力が足りない」とかいう理由で反対しているようです。

・市町村や都道府県や文科省に意見をいわないといけませんね。学校単位ではどうにもなりません。

ちなみに、公立の小・中学校普通教室のエアコン設置率は、都道府県によっても結構バラツキがあり、財政の厳しさや気温の高低とは直接の関係はなさそうです。

ただ、「自分が小学生の時はエアコンがなかった」という考えが働いているのか「エアコンはぜいたく」「忍耐力が育たない」と意見する大人もいるようです。

ただ、昔はこれほど30℃を超える気温が続いたことはなかったでしょう。温暖化に伴い、昔といまでは暑さのレベルが違うことも事実。もはや命に関わる問題になっています。

鈴木さんのお子さんも数年後には小学生になります。鈴木さんは父親目線で見ても「問題」だと感じているようです。


[文・構成/grape編集部]

出典
鈴木おさむオフィシャルブログ文部科学省

Share Tweet LINE コメント

page
top