grape [グレイプ]

子どもに大人気の『横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール』 2019年夏に移転

By - @Heaaart(アットハート)  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

© やなせたかし / フレーベル館・TMS・NTV

横浜や名古屋、仙台、神戸、福岡にある『アンパンマンこどもミュージアム』

テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ系)の世界観が楽しめる施設で、子どもはもちろん、大人も一緒に遊べる場所です。

そんな『アンパンマンこどもミュージアム』のうちの1つ、『横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール』が、2019年の夏にみなとみらい21地区61街区へ移転することが決定しました。

横浜駅からのアクセスが格段によくなる!

『横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール』は、アンパンマンのステージやアニメーションが楽しめるエリアや、アンパンマンの世界を再現したジオラマがあるエリアなど、アンパンマン好きな子どもたちが思いっきり楽しめるミュージアムです。

無料で入れるショッピングモールもあり、アンパンマンの絵本やぬいぐるみ、ほかにもアンパンマンとその仲間たちのキャラクターパンやコロッケなど、可愛らしいアンパンマングッズを購入することができます。

開業以来、多くの人が訪れ、オープンから1年経たずにミュージアムの累計入館者数100万人を突破。2018年8月9日には、累計入館者数900万人を達成しました。

© やなせたかし / フレーベル館・TMS・NTV

現在、横浜市西区のみなとみらい21地区48街区にある『横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール』は、みなとみらい線・新高島駅と横浜市営地下鉄ブルーライン・高島町駅から徒歩7分の場所にあります。

移転後の場所は、元々Jリーグ横浜F・マリノスが練習場として使用していた『マリノスタウン』があったみなとみらい21地区61街区

最寄りとなる新高島駅からは徒歩5分、横浜駅からも15分ほどでアクセスできるようになります。

移転前

移転後

10年間の暫定施設として営業開始

『アンパンマンこどもミュージアム』の第1号として2007年4月に開業した『横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール』は、10年間の暫定施設として、期間限定を前提に営業を開始しました。

2017年に開業10周年を迎え、営業期間満了時期となりましたが、全国5か所にある『アンパンマンこどもミュージアム』のフラッグシップ施設として営業を継続すべく、横浜市のみなとみらい21地区60・61街区の事業者公募に参加し、見事当選。

新たに『横浜アンパンこどもミュージアム』という名前に変更し、恒常的な施設として移転することが決まりました。

© やなせたかし / フレーベル館・TMS・NTV
※写真はイメージ

現施設の営業は、2019年5月末日をもって終了する予定です。

約10年間の感謝をこめて、営業が終了する前にもう一度『横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール』へ訪れてみてはいかがでしょうか。

@Heaaart(アットハート)

@Heaaartは日本国内の情報を中心に、心に響くコンテンツをご紹介します。あなたが知らなかった場所や出来事、そしてそれぞれの地域で暮らす人々。「日本をもっと知りたい、応援したい。」 そんな思いのきっかけになる情報をお届けします。
https://heaaart.com/

出典
@Heaaart

Share Tweet LINE コメント

page
top