grape [グレイプ]

カンニング竹山「まずはお前が…」 大坂なおみ優勝の『全米オープン』元女王に激ギレ

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

日本時間2018年9月9日に行われた、テニスの全米オープン女子シングルス(以下、全米オープン)決勝で、セリーナ・ウィリアムズ選手と対戦した、大坂なおみ選手。

元世界ランキング1位の強豪に、6-2、6-4のストレートで勝利し、優勝を飾りました。

新たな女王の誕生を祝福する声が上がる一方、S・ウィリアムズ選手の試合中の振る舞いに対する批判の声もあります。

テニスでは、試合中にコーチが選手にアドバイスをすることが禁止されています。ところが、S・ウィリアムズ選手は審判に「アドバイスを受けた」と指摘され、ペナルティを科されます。

これに激怒したS・ウィリアムズ選手が審判に激しく抗議を行い、さらにペナルティを科される事態に…。

試合後の表彰式では、観客から大ブーイングが起こるなど、後味の悪い試合となってしまいました。

観客の真意は分かりませんが、「S・ウィリアムズ選手の態度への不満」「審判への抗議」「大坂選手が勝利したことに納得できない」など、ブーイングにはさまざまな意味があるのでしょう。

こういった声に対し、S・ウィリアムズ選手は表彰式で、観客にこう呼びかけます。

みんなが応援するために集まってくれたのは分かっている。

ただ、できる限り素晴らしい瞬間にしましょう。

おめでとう、なおみ。これ以上のブーイングはやめて。

産経ニュース ーより引用

この呼びかけは「これぞスポーツマンシップ」と称えられます。

ところが、この称賛の声に違和感を覚えた人がいました。お笑い芸人のカンニング竹山さんです。

鋭いツッコミで、S・ウィリアムズ選手を断じると「その通りだ」「確かに」と多くの賛同のコメントが集まったのです!

カンニング竹山「まずはお前が…」

出典
赤江珠緒たまむすび産経ニュース

Share Tweet LINE