grape [グレイプ]

「どこからが、おじさん?」 北川景子の答えにTOKIOメンバーが絶句

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『おじさん』『おばさん』の境界線はどこか。

永遠に答えが出ないといってもいい、この問題。たびたび論争が起きるものの、いまだ明確な答えは出ていません。

そんな中、女優の北川景子さんが出演したTV番組で『おじさんの境界線』について言及。その意見が共感を集めています。

嫌いなおじさんの行動とは

2018年9月19日放送のバラエティ番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、アイドルグループ『欅坂46』のメンバー、平手友梨奈さんと共に出演した北川さん。

番組中、TOKIOの城島茂さんから「2人から見て、どこからがおじさんか」という質問が飛び出します。

これに対し、北川さんは少し間を置いた後にこう答えました。

「同じ話を繰り返すようになったらおじさん」

TOKIOカケル ーより引用

北川さんの意見に、スタジオ内が爆笑に包まれる一方、思い当たる節があったのか、あからさまに落ち込む城島さんと松岡昌宏さん。

しかし、追い討ちをかけるように北川さんのトークは続きます。

「1回ウケた話を、2回3回って…。1回ウケたから、もう1回したんだなって。そういう話術みたいなもので『あ、始まってるのかな?』って」

TOKIOカケル ーより引用

おじさん・おばさんの境界線としてよく聞くのは、年齢や行動。こと行動に関しては「周囲の目を気にしなくなったら」「おしぼりで顔を拭いたら」が代表的な答えとしてあげられるものの、これらは意識次第でどうにでもなります。

しかし、北川さんのいう『話術』に関しては、もはや無意識で行ってしまうもの。

そもそも、自分が誰にどんな話をしたかを覚えていないのは、おじさんというより『老化』が始まっているのではないでしょうか。

北川景子さんの答えに「それだ!」

城島さんと松岡さんを絶句させた北川さんの鋭い指摘に、番組終了後には視聴者から共感の声が殺到。

年齢や性別に関係なく「自分もやってしまっている」という人や、「それだ!」という声が上がっています。

・相手の反応が悪いと、「あれ?この話、したっけ?」と焦る。記憶力の限界を感じる。

・いままで聞いた答えの中で、1番納得のいく線引きかも。

・やばい、気を付けよう。

どうせなら、周囲から憧れられるような年の取りかたをしたいもの。カッコいいおじさん、おばさんになれるか否かのポイントは、普段の何気ない行動を意識することにあるのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
TOKIOカケル

Share Tweet LINE コメント

page
top