grape [グレイプ] hobby

『親分にはいえない仕事』をしている男性 公園で受け取った『ブツ』とは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家兼イラストレーターの須藤パニャ(@d_pa_nyanta)さんが描いたのは、明らかに『カタギの人間』とは思えない強面の男性。

毎日シマを巡回している彼にとって、突然ケンカをふっかけられたり、変な人間と出くわしたりするのはよくあることです。

そして、公園のひと気のない場所に足を運んだ彼は、『親分にはいえない仕事』に手を伸ばしていたのでした…。

「例のブツを早く出せ」親分にいえない仕事とは…?

男性の『親分にいえない仕事』…それは、通りすがりの人からCIAOちゅ〜るをもらうこと。そう、彼の正体は飼い猫だったのです!

飼い主である『親分』に知られては、怒られてしまいます。さらに、この公園には「猫にエサをあげないでください」という貼り紙が。

彼は自らのシマを巡回しつつ、親分に隠れてとんでもない悪事を働いていたのですね…。

まさかの正体に、漫画を読んだ人からは「セリフが伏線になってたとは…」「一本取られた!」といった反響が上がっています。

(俺はオスなんだけどなあ…)

親分の致命的な勘違いにツッコミを入れながら、彼…ミーコは、今日もシマの平和を守っていくのでした!

また、以下のウェブサイトでは、須藤パニャさんのほかの作品を見ることができます。

賞を受賞した作品や、雑誌に掲載された作品なども掲載されているので、気になる人はぜひご覧になってください!


[文・構成/grape編集部]

出典
@d_pa_nyanta

Share Tweet LINE コメント

page
top