grape [グレイプ]

52歳で妊娠した女性 男性の視点から語る『妊活話』に反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

お笑いコンビ『飛石連休』の藤井ペイジさんがブログに投稿した、妊活に関する話題が反響を呼んでいます。

2018年10月12日のブログで、藤井さんは自身がパーソナリティを務めるラジオ『Nutty Radio Show THE魂』(FM NACK5)に寄せられた、リスナーからのメールを紹介しました。

メールの内容は、送り主の親戚の女性が52歳で妊娠したというもの。また、その親戚の女性は妊活をしていたらしく、藤井さんはこのようにつづっています。

妊活のつらさは、男にははかり知れないものです。

年齢を重ねるにつれ、体力的にも精神的にも、さらには金銭的にも負担が大きくなってくると聞いております。

途中で断念される方も、少なくないそうですし。

断念せざるをえないと言うか。

きっと、大変なご苦労があったでしょうね。

飛石連休・藤井ペイジ オフィシャルブログ ーより引用

藤井さんがブログでも、届いたメールを紹介したのには理由がありました。

欲しいと強く思ってらっしゃった方のところに、赤ちゃんが天から舞い降りてきたことが、とてもとても素敵だなと思ったのです。

僕みたいなもんは何の力にもなれませんが、母子ともに健康で、元気なお子さんが生まれてくることを、心よりお祈りしております。

飛石連休・藤井ペイジ オフィシャルブログ ーより引用

高齢での出産のリスクも理解し、「軽はずみな気持ちからの言葉ではない」とした上で、「世の妊活中のご夫婦の光明になるのではないでしょうか」ともつづった藤井さん。

読者からの反響を受け、10月14日には、新たに『男がする妊活話』というタイトルでブログを更新しました。

藤井ペイジ「話すとなると難しい」

藤井さんは、2014年にものまねタレントとして活躍する女性と結婚。その後、2人のお子さんが生まれています。

また、1人目のお子さんが生まれた当時、藤井さんは44歳、妻は36歳。年齢的なこともあり、子どもを授かる前までは、夫婦2人きりで生活していく話も出ていたといいます。

奇跡的に子どもを授かることができた藤井さん夫婦ですが、出産までの道のりは決して容易なものではありませんでした。

妊娠・出産にいたるまで、簡単なことではなかったですし。

さらには、一人目は難産からの帝王切開。

二人目は切迫早産になって、長期入院を余儀なくされまして。

奥さんの体の負担は、大変なものだったので。

いろいろ分かってるつもりではいても

話すとなると難しいもんです。

飛石連休・藤井ペイジ オフィシャルブログ ーより引用

そうした過去があるからこそ、藤井さんは妊活についてこう語ります。

1つは、もし子供を望むなら、一日も早く妊活を始めた方がいいということと

もう1つは、「絶対にできるもの」と思わない方がいいということ。

特に男側からの相談であれば

「いつか絶対にできるだろう」

という想いは、奥さんへのプレッシャーになりますし。

それよりも

「できなかったらできなかったで、二人での生活も楽しいじゃない」

そういうスタンスでいた方が、奥さんも精神的に楽なはずだからと。

飛石連休・藤井ペイジ オフィシャルブログ ーより引用

高齢での出産にも触れ、最後は「どんな状況にせよ、望んで新しく授かった命なんですから『おめでとう!』でいいじゃないですか」と締めくくった藤井さん。

一連のブログに対して、さまざまな反応が寄せられています。

・勇気をもらえました!自分も治療中で、へこたれそうな時もありますが、諦めたら終わり…。「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。

・高齢出産についてマイナス意見も多いけど、本人が1番分かっていることだと思います。本当に「望んで授かった命なんだから、いいじゃないか」につきます!

・52歳で妊娠!同い年として、勇気がもらえるブログでした。

藤井さんのいう通り、妊娠・出産について男性が語るのには限界があります。妊活というセンシティブな内容であれば、なおのことでしょう。

しかし、妊娠・出産は決して女性だけの問題ではありません。産むのは女性ですが、男性がいなければできないことなのです。

藤井さんが書いたブログが話題になることで、多くの人が妊娠・出産の現実を知るきっかけになったのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
飛石連休・藤井ペイジ オフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top