grape [グレイプ]

渋谷区長が怒りをあらわ「到底許せるものではない」 ハロウィン暴動を受け

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※2018年10月27日の渋谷スクランブル交差点の様子

10月31日のハロウィン当日を前にすでに批判の声が殺到している、渋谷のハロウィン騒ぎ。

休日だった2018年10月27〜28日に渋谷駅周辺に集まった集団の一部が暴徒化。軽トラックを横転させるなど、著しいマナーの低下が目立ちました。

こうした騒ぎを受け、10月29日には長谷部健渋谷区長が声明を発表。ハロウィンイベントを渋谷で楽しむ予定の人たちに向けて、異例の呼びかけを行いました。

一昨日から本日にかけまして、ハロウィーンに関連した渋谷駅周辺の騒動について多くの報道がなされております。

複数の逮捕者が出たり被害届が出されるなど犯罪行為も明らかになっており、大変憤りを感じております。渋谷区としましても、警察との連携を改めて強く進めてまいります。

また、犯罪に至らなくとも、ルール、マナー違反をしている人たちの様子も多く報道されております。そのような人たちは、渋谷を愛し、この街を誇れるものにしていく思いのない人たちです。

ハロウィーンにおいて、周囲に迷惑をかけることなく、健全に楽しんでいる方たちはきちんといらっしゃいます。また、日頃から真に渋谷の街を愛し、この街を誇れるようにする努力をしている方たちもたくさんいらっしゃいます。

そういった方たちの努力や思いを踏みにじる一連の行為は、到底許せるものではありません。

街の安心・安全と賑わいの両立は、地方公共団体のトップとして大事な責務です。誠に残念ながら一朝一夕にこの問題を解決できる特効薬はありませんが、解決に向けて強い意志を持って取り組んでまいります。

そして、重ねてのお願いになりますが、10月31日のハロウィーンにおきましては、決して周囲に迷惑をかけることなく、モラルやマナー、法令を守り、健全にお楽しみいただくよう、よろしくお願いいたします。

渋谷区長 長谷部 健

渋谷区公式ホームページ ーより引用

すっかりイベントとして日本にも定着した印象を受けるハロウィン。しかしゴミのポイ捨てをはじめ、一部のマナー低下が、毎年のように問題視されています。

※写真は2018年10月29日に撮影されたもの

1年に一度のハロウィンを楽しみたい気持ちは分かります。しかし、迷惑行為を働いておきながら「自分さえ楽しければいい」という考えは改めなければなりません。

10月31日のハロウィン当日、渋谷でイベントを楽しむすべての人たちに、長谷部区長の思いは届くのでしょうか…。


[文・構成/grape編集部]

出典
渋谷区公式ホームページ

Share Tweet LINE