grape [グレイプ]

移動手段は、ソリ!? 雪国のベビーカー代用品

By - 八木 志芳  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

冬は真っ白な雪で覆われる北海道。

冬の北海道では、スーパーマーケットの前にソリが置かれていることがあります。

このソリは売り物ではありません。買い物に来た人が持ってきたものです。

何に使うかというと…小さな子どもや荷物を運ぶため!

北海道の雪道は、道産子でも転ぶことがあるほど、歩きにくいもの。子どもを乗せたベビーカーなら、なおさら、進むのが大変です。

北海道は車社会で、基本は車で移動する人が多く、地元ではさほど不便さを感じていないかもしれません。

しかし、近所の公園やスーパーマーケットに移動するのに、わざわざ車に乗るのが逆に面倒な時もあります。

そこで、便利なのがソリです!

私も子どもの時は、よくソリに乗って近所のスーパーマーケットへ連れて行ってもらいました。ソリに乗れると聞いただけで、テンションが上がったし、いつも歩いている道が、ソリに乗るだけで全く違う景色に変わるのです。

大人になって考えると、近い距離でも私が乗ったソリを引いて、スーパーまでの道のりを往復した母は大変だったと思います。

しかし、ベビーカーの代わりとしては、子どもも喜ぶし、買い物袋も乗せられるし、とても有能ではないでしょうか。

ちなみに、子どもが楽しんでいるからと、引くスピードを上げてしまうのは危険です。いつの間にかソリが何かにつまずいて、荷物も子どもも、ソリから落ちていた…ということも。

※写真はイメージ

ちなみに、自分でソリに乗っていられる年齢の子どもではないと、移動できません。

私も幼いころは、よく荷物を抱えたままひっくり返り、そのまま数メートル気付かれることなく、道に投げ出されたままなんてこともありました。このエピソードは、同世代の道産子には結構あるあるです。

八木志芳(やぎ しほ)

大学卒業後、IT企業・レコード会社を経て、福島県のラジオ局にてアナウンサー・ディレクターとしてのキャリアをスタート。2017年11月にフリーのラジオパーソナリティー・ナレーターとなり、同時にライターとしての活動も始める。アナウンサー・ライターとしてこれまでにインタビューしてきた人数は500人以上。F.Factory Japan所属。Twitter:@ShihoYagi

Share Tweet LINE

page
top