grape [グレイプ]

名車の生産終了に悲しみの声 「ショックだ」「あの形が好きだったのに」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年7月10日に、ドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲンが小型自動車『ビートル』の生産を終了したことを発表しました。

『ビートル』の生産終了にショック

ビートルは、1938年に初代が誕生。丸みを帯びた車体は可愛らしく、日本でも『カブトムシ』の愛称で親しまれていました。

何度かその姿を変えながら販売されてきたビートル。

産経ニュースによると、現行のモデル『ザ・ビートル』は、2019年内に販売を終える予定だそうです。

また、メキシコの工場で生産された最後の1台は、メキシコ国内にあるフォルクスワーゲンの博物館に収蔵されるとのこと。

約80年の歴史に幕を下ろしたビートルに、ネット上では悲しみの声が多く上がっていました。

・えー、ビートルがほしかったのに、生産終了なんて…。

・フォルクスワーゲンといえばビートルだったのに。悲しすぎる。

・あの形が好きで、子どものころから名前を憶えていた車だったのに。

・昔はたくさん走っていましたけどね。生産終了は残念です。

代表的なレトロカーの1つだったビートルの生産終了。

時代の流れとはいえ、「名車にはいつまでも残っていてほしい」と願わずにはいられませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top