grape [グレイプ]

尾藤イサオってどんな人? エルヴィス・プレスリーの影響を受け、ロカビリー歌手に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

尾藤イサオ

歌手や俳優、声優などマルチに活躍している尾藤イサオ(びとういさお)さん。

熱いシャウトを特徴とする歌声で、アニメソングや数々のヒット曲を歌い、人気を博してきました。

70歳を超えた今も現役で、歌に演技にと活躍し続けています。

尾藤イサオさんは少年時代には曲芸師だった過去もあり、今でもトーク番組などでその腕前を披露することもあります。

そんな尾藤イサオさんが、なぜロカビリーというジャンルで歌手デビューしたのかについてや、これまでの活動など、さまざまな情報をご紹介します。

尾藤イサオは18歳でロカビリー歌手としてデビュー

尾藤イサオさんの歌手デビューは18歳の時。歌のジャンルは、自身が大好きなロカビリーでした。

尾藤イサオさんが最初にロカビリーに興味を持ったのは、アメリカの歌手であるエルヴィス・プレスリーが歌う『ハートブレイク・ホテル』を耳にしてからだといいます。

当時は、日本でもロカビリーブームに火がつき始めていたため、エルヴィス・プレスリーの歌がラジオで流れていました。

『NIKKEI STYLE』のインタビューによると、その歌声を聴いた尾藤イサオさんは、身体が震えるほど感動を覚えたといい、すっかりエルヴィス・プレスリーのファンに。

尾藤イサオさんは、当時、曲芸師としてステージに上がっていたため、大好きなエルヴィス・プレスリーの『監獄ロック』をBGMに、曲芸のステージを務めるようになります。

細身のマンボズボンをはいて演じる、尾藤イサオさんオリジナルのステージは『ロカビリー曲芸』として大変な人気を博しました。

それが功を奏してか、尾藤イサオさんが所属する曲芸の一座は、1年間、アメリカでの巡業に招かれます。

尾藤イサオさんは巡業先のアメリカで、最先端のエンターテインメントに触れながら過ごしたそう。

こうして、本場アメリカのエンターテインメントをたっぷり見た尾藤イサオさんは、帰国後、曲芸の世界から卒業して『和製プレスリー』を目指すことを決意。その決意通りに、ロカビリー歌手としてデビューを飾ることになったのです。

尾藤イサオが『徹子の部屋』に出演

尾藤イサオさんは2018年2月28日放送の、黒柳徹子(くろやなぎてつこ)さんが司会を務めるトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。

3歳で父親を、10歳で母親を亡くし、曲芸師の内弟子となった波乱万丈の子供時代や、歌手デビューを飾った18歳の頃についてなどを語りました。

近年では孫娘たちに『イサちゃん』と呼ばれ、幸せな日々を過ごしているという尾藤イサオさん。一方で、視野が欠けてしまう目の病気を抱えていることも明かしました。

しかし、前がよく見えない状態でも、尾藤イサオさんは、黒柳徹子さんの前で見事な曲芸を披露。子供の頃からしっかりと体に馴染んでいる芸なので、見事に成功させました。

『徹子の部屋』への出演を通して、尾藤イサオさんは、デビュー時から変わらぬエンターテイナーぶりをお茶の間に届けてくれました。

尾藤イサオが『あしたのジョー』をセルフカバーし、話題に

1970年に、ボクサーが主人公のアニメ『あしたのジョー』(フジテレビ系)の主題歌を、情感たっぷりに歌った尾藤イサオさん。主題歌『あしたのジョー』は、アニメと共に、今も根強い人気を誇ります。

そんな尾藤イサオさんの名曲『あしたのジョー』は、2009年に『21世紀ヴァージョン』としてセルフカバーされ、話題を集めました。

同曲が収録されているのは『週刊少年マガジン』の創刊50周年を記念してリリースされたCDアルバム『あしたのジョー (21st century ver.)』。1970年に歌った原曲ヴァージョンも同アルバムに収録されています。

あしたのジョー(21st century ver.)

あしたのジョー(21st century ver.)

尾藤イサオ
6,800円(05/31 11:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

尾藤イサオは舞台『幸せな時間』の主演に抜擢

曲芸師から歌手へと華麗な転身を遂げ、数多くのステージを踏んで才能を発揮してきた尾藤イサオさん。その活動は歌手のみならず、俳優にも広げられています。

これまで尾藤イサオさんは、多くの映画やドラマ、舞台に出演してきました。

2019年には、ミュージカル『幸せな時間』の主人公に抜擢されています。

歌だけでなく、ダンスや激しい動きを要求されるのが、ミュージカル。多くの若手のミュージカル俳優たちに囲まれ、主演を務めるのは、確かな実力と共に体力にも自信がないとできません。

2019年で76歳の尾藤イサオさんには、『俳優・尾藤イサオ』としてのプライドを感じます。

尾藤イサオの現在・これから

1960年代から歌手として活躍している尾藤イサオさんは、デビューから60年近く時を経た現在も、精力的に活躍中。常にアニソンライブやコンサートなどの出演予定が目白押しになっています。

俳優としても活動しており、2019年には大泉洋(おおいずみよう)さん主演のドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)にも出演しました。

これからも歌手として、そして俳優としても、さまざまな活躍が期待ができそうです。

尾藤イサオ プロフィール

生年月日:1943年11月22日
出身地:東京都
血液型:A型

幼少期は曲芸師としてステージに立ち、1961年にロカビリー歌手としてデビュー。1964年には『悲しき願い』がヒットした。1970年にはアニメ『あしたのジョー』のインパクトある主題歌で注目を浴び、現在も名曲アニソンとして愛され続けている。また、ドラマ、映画、舞台など俳優としても活躍し、数々の演劇賞を受賞している。


[文・構成/grape編集部]

出典
尾藤イサオ・ホームページNIKKEI STYLE

Share Tweet LINE コメント

page
top