grape [グレイプ]

突然、火災報知器から異音が!『出てきた紙』に書かれていた文字に涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

年末年始は家でゆっくりと過ごすもの。

世間がそんなムードに染まる一方で、年末年始に関わらず働いている人たちがいます。

ポエムブルドーザー井上(@magro343)さんも、職場で年越しをした1人。

世間とのギャップを感じて、物悲しい気分になってしまっても仕方がありません。しかし、ある出来事によって心救われたのです。

火災報知器の優しさがしみる

新年を迎える時刻になると、突然、職場の天井から異音が。

火災報知器から「ミーッ」という音が聞こえるので見てみると、何やら紙が排出されてきました。

印刷されたこちらの文字を読むと、井上さんは涙腺が緩んでしまいます。

・年替わり記録

2020年 1月1日0:00

明けましておめでとうございます。

火災報知器が新年のあいさつ…!

さびしさを感じる心に、温かいものが広がりますね。

井上さんがこちらの紙をTwitterに投稿したところ、「かわいい報知器」「お仕事を頑張る人へのお年玉ですね」「これは泣く」などの感想が寄せられました。

また、「火災報知器が正常に稼働している証拠」との声も。

思わぬところから降ってきたあいさつのおかげで、新年も頑張れそうですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@magro343

Share Tweet LINE コメント

page
top