grape [グレイプ]

「空からイグアナが降ってきます」 米・気象局の注意報に、ザワつく

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2020年1月、アメリカ東部のフロリダ州ではその年一番の寒気に覆われました。

アメリカ国立気象局のマイアミ支局は、公式Twitterアカウントで、異例の『天気予報』を発表。話題になっています。

イグアナに要注意

同年1月21日の気象局のツイートには、こんなことが書かれていました。

「通常の天気予報ではありませんが、今夜の気温は氷点下が見込まれています。そのため、イグアナが木から落ちてきても驚かないでください」

@NWSMiami ーより引用(和訳)

年間を通じて温暖な気候のフロリダ州では、イグアナが多く生息しています。

普段は木の上で生活しているイグアナ。体温調節がうまくできないため、気温が7℃を下回ると寒さで気絶し、木から落下することがあるそうです。

イグアナは大きいものだと体重が9㎏近くになるものもいて、落下して車や人にぶつかると大変危険なため、注意が呼び掛けられています。

投稿を見た人たちからは、「イグアナが落ちてきたら、さすがに驚く」「落ちたイグアナがケガをしないといいんだけど…」といったコメントが寄せられました。

気絶したイグアナは、休眠状態になっているだけで死んでいるわけではないとのこと。気温が上昇すれば、また動き出すといいます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@NWSMiami

Share Tweet LINE コメント

page
top