grape [グレイプ]

ひとりじゃないから大丈夫 緊張する子猫を見た医師が『親友』も一緒に手術

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Operation Catnip

アメリカ・フロリダ州で1匹のオス猫が保護されました。

名前は『ポニョ』。まだ子猫のポニョは路上でひとりぼっちで鳴いていたところを猫好きの優しい女性に発見されたのです。

海外メディア『The Dodo』によると、ポニョを保護したサマンサ・スマートさんの家にはすでに猫がいるため、新しい猫を飼う予定はなかったのだそう。

ところがポニョを見たとたん、「この子は我が家に来るべきだわ」と思ったといいます。

母親がそばにいないことでポニョがさびしくないようにと、サマンサさんはポニョに緑色のドラゴンのぬいぐるみを買ってあげました。

するとポニョはそのドラゴンが気に入って、毎晩一緒に眠るようになったのです。

『親友』と一緒に手術を受ける子猫

その後、ポニョが去勢手術を受ける日がやってきます。

サマンサさんはポニョが病院で不安にならないように、彼の『親友』のドラゴンを一緒に預けることにしました。

ドラゴンの陰に隠れて緊張しているポニョ。

するとそんなポニョを見た病院のスタッフや医師たちは、「友達が一緒のほうが、頑張れるだろう」とドラゴンも一緒に手術をすることにしたのです。

隣に並んだポニョとドラゴンに同じ手順で手術をしていく医師たち。

そして無事に終わった後は、2匹を寄り添って寝かせてあげました。

病院のFacebookに投稿されたこれらのかわいらしい写真にはたくさんのコメントが寄せられています。

・ハートがとろけた。

・涙が出たわ。かわいすぎる。

・ポニョって素晴らしい映画からとったいい名前だ!

まだ子猫のポニョは知らない人たちに囲まれて手術を受ける時、不安だったはずです。

でもそんな時に友達がそばにいてくれて、しかも自分と同じ体験をしてくれたら、どんなに心強いことでしょうか。

優しさとユーモアにあふれた医師や病院のスタッフたちに拍手を送りたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Operation CatnipThe Dodo

Share Tweet LINE コメント

page
top