grape [グレイプ]

高校生の頃、父親が『認知症』に その後の23年間に「泣いた」「考えさせられる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2人の娘を育てながらエッセイ漫画を描いている吉田いらこ(@irakoir)さん。

吉田さんは高校生の頃、父親が若年性認知症を患ったそうです。

要介護となった父親とその家族が経験した、23年間を漫画にしました。

『若年性認知症の父親と私』

脳を手術した吉田さんの父親は、その後左半身がマヒしてしまいました。

以前の父親とは様子が異なり、「術後で記憶が混乱しているのだ」と自分に言い聞かせていたという母親。

しかしその後、父親は若年性認知症と診断されたのでした。

出典
@irakoir

Share Tweet LINE コメント

page
top